<即興演奏についてーマイルスに学んだこと>
f0236202_11115330.png

 私は19歳から、ジャズピアニストとして演奏活動を開始しています。
あの頃はチックコリヤやキースジャレット、ハービーハンコックなどを追い求めていました。
自分はアソコまでたどり着けるという不遜な自惚れがあったので、憧れという言葉は使ってなかったけど、今思うと憧れていたんだな〜www

 何をお話したかったかというと、私にとって「即興」はデフォルトとしてあったのです。
ジャズは即興こそがその醍醐味です。
なので「どうやって即興を学べばいいのか?」という質問にいつもうまく答えられないのです。
先日、経王寺で、同じピアニストの上畑正和さんと即興デュオをやりました。
彼とは、これまでもデュオを何度もやっていることもあり、息もピッタリ。
聴いてくださった方たちから、まるで楽譜があるかのようだと感想をいただきました。
私は茶化して、テレパシーだよ、なんて言っていますが、、、

 でも、私も「即興とは何か?」と思い悩んだことがあります。
「即興とは、一つの出来事に対し、どのように反応するのか?」と言って良いかと思います。
まず最初に「一つの出来事」があり、それに対し「次の出来事」とどのような関係性があるのか?と言うことです。
音と音の間にある関係性とは何か?
それが全くわからなくなってしまったのです。

 それまで手癖、足癖のように音を出していた訳です。
即興演奏は慣用句を多用することでも、成り立ちます。
沢山、或いは少し、フレーズのストックがあって、それを順番に出していっても即興演奏と言うことも出来る。
でも、ある時、それがどうしょうもなく嫌になっちゃった。
と言うか、自分が嘘臭くてしょうがなくなったのです。

 即興ってなんだろう?
思い悩みましたね〜。
そんな時、出会うべき音楽に出会ったのです。
青天の霹靂というか、そのぐらい衝撃でした。
それはMiles DavisのBitches BrewというLPのなかのMiles Runs The Voodoo Downという曲でのマイルスの即興演奏です。

https://youtu.be/Wsw8fERaGrY

 即興は、或いは音楽は、音と音との関係性です。
マイルスのフレーズを辿っていくと、その音と音との関係性の密度というか濃度というか、飛躍性というか、有機性というか、私には衝撃的に解った、というかドカ〜〜ンと受け取ったというか、、、
目からウロコ、棚からぼたもち(違うか、、)、開眼しちゃったのです。
彼の即興には、フレーズからフレーズを辿っていくその奥底に、濃密な、有機的な「物語性」があるのです。
「物語性」です。

 即興とは、ひとつの語り、から、もう一つの「秘められた語り」を、紡ぎ出すこと、あるいは、探し当てることが、ようやく判ってきたのです。
グループで演奏している時はグループと、一人で演奏している時は、自分自身に、語り続けることなんだとわかったのです。
音と音の間にある、秘められた有機性を見出すこと、それが即興演奏といえると思います。

 最近、坂本龍一さんの2009年ごろのコンサート録音のピアノ即興を聴いていました。
坂本さんは、押しも押されぬ世界的音楽家です。
ですから、勿論、今までも高く評価していました。
でも、ピアノ即興を聴いて「この人はすごいな」と思いました。
非常に真摯な演奏をされていると思いました。

 現代の音楽は、ある意味、あらゆる「物語性」は使い古されて、もうどこにも新しい地平がない感じです。
フロンティアが成立しないのが現代です。
そんな中にあって、坂本さんがピアノに向き合う時、その事と熾烈に戦っていることが、私には手に取るように解りました。
翻って、自分の演奏が、ともすれば安直に陥っていると、ちょっと恥ずかしく思ったりしました。

 嘗てマイルスの「物語」に衝撃を受けたときのように、もう一度、自分自身に「即興とは何か?」を問い詰めてみたくなりました。
[PR]
# by wtwong | 2017-03-24 11:12 | essay