「ほっ」と。キャンペーン

90年代、北海道ツアーArchives音源について

f0236202_17241182.jpg


http://www.satowa-music.com/dl/dl-90s.html
 昨年末から、やったり、休んだりしながら、1990年、秋に行われた北海道ツアーの録音アーカイブのマスターリングを続けてきたが、ようやくサウンドの方向が決まってきた。サウンドの作り方に正解はなく、こだわりや感覚や、不確定な要素が色々絡んで、結局、その時に自然に落ち着く所が見つかれば、とりあえずそれでヨシとしたい。なかなか自然な仕上がりになってきた。

 ミックスダウンもマスターリングも、録音された時の音のクオリティーに大きく左右される。あの当時使っていた機材はAKG414EBというヴィンテージマイク、マイクアンプはあの当時、高品位なサウンドで有名だったGML(ジョージ・マッセンバーグ・ラボラトリー)、DATレコーダーがデジタル・デンスケの最初のヴァージョンのSONY TCD-D10。ケーブルの引き回しが短いこともあって、ビックリするほどクオリティーの高い音で録音されていた。あれから20年以上経ち、いろいろ新しい高性能な機材が開発されてきたが、もしかして当時のサウンドのほうが良いかも。印象が当時と違っていたのが、AKG414EBだ。これが結構ドンシャリ系の美味しい音がしているのだ。

 さて何度も何度も聴き返し続けてきたけど、あの当時、音楽に対する意識のあり方で、時を経て、失ってしまったものが、なんと多いことだろう。すごく反省した。もう一度あの時の気概を取り戻すべきだとすら思ってしまった。勿論、稚拙な演奏だし、今のほうがテクニック的にも、音楽性も深くなっている。でも、あの当時にしかあり得ない、いうなれば背水の陣での演奏、崖っぷちに立たされた覚悟のようなものがあって、自分で言うのもなんですが、シビレてしまった。

 録音というものは、どこか写真と同じように、その瞬間の空気感というか、感覚のようなものを、再体験させてくれる。ああ、俺は演奏しているあの時、苦しんでいたな、とか、会場での響き感、雰囲気はああだった、などフラッシュバックするのだ。そして、そのツアーで出会った人々のお顔や雰囲気も思い出す。今でも交流させていただいている人たちもいれば、なかなかお会い出来ない人もいる。皆元気でいてくれるといいな。

 さて、近々、ダウンロード販売しようと思う。またインプロヴィゼーションだけの三枚組のCDもリリースしようと思っている。是非、若い時の(といっても40歳でしたが)演奏を、聴いてほしい。

ウォンウィンツァン
2013/03/09
[PR]