体験的グループセラピー 自分に向き合い、新たな自分に気づいていく3日間

 私が吉福伸逸さんのワークショップに参加するようになったのは2005年でした。吉福さんは80年代、日本にトランスパーソナル心理学やアメリカのカウンターカルチャーを翻訳などで紹介し、またセラピストとしてワークショップを開催し、日本にムーブメントを引き起こしたカリスマ的存在でした。

 その後90年前後にハワイに移住されてからは第一線から退いていましたが、2001年の9・11を契機に再び日本でワークショップを再開したのでした。ですから私は吉福さんが再活動してからお会いしたことになります。お会いするきっかけは家人のSE(スピリチャルエマージェンシー)が発端でしたが、わたし達が受けたセッションは、私にとって世界観・人間観が根底から覆されるほどの驚きでした。

 それから私はトランスパーソナル心理学関連の本を読みあさり、吉福さんのワークショップに盛んに参加するようになりました。そのうちアシスタントの役割も仰せ付かるようになり、それなりに厳しい修行をさせられたものでした。しかし昨年の四月、残念ながら吉福さんはこの世を旅立たれました。そして吉福ワークでアシスタントをしていた向後善之さん、新海正彦さんと私の三人で、吉福さんのあとを継ぐべく「体験的グループセラピー」を開催することになりました。

 その内容は吉福さんがわたし達に教えた方法を踏襲しているとはいえ、もちろん彼の天才的なインスピレーションは唯一無地なものであって、わたし達には真似の出来ないことです。なのであくまでも「吉福風ワーク」以上のものではないのですが、それでも彼の方法を踏襲し、また新しく吉福ワークを学ぼうとする人達のために、今年も「体験的グループセラピー」を開催することになりました。なにかお感じになられることがありましたら、是非参加してください。

体験的グループセラピー
自分に向き合い、新たな自分に気づいていく3日間

http://transpersonal.jp/4270/
[PR]
by wtwong | 2014-08-13 14:38