セーファーウタキと携帯電話

f0236202_22394490.jpg

何年前だっただろう?沖縄県、南城市にシュガーホールというところがあって、そこでコンサートをさせてもらった。

 その頃、携帯電話が流行り始めて、コンサート中やたら鳴るんだよね。アナウンスで必ず「携帯の電源をお切りください」とか言うんだけど、その時もやっぱり誰かがならしていて、ムカついた。でも、あれ、鳴っているのはどうも私のポケットからじゃないか!!!あれ〜〜〜 演奏中に俺に電話したのは誰だ〜〜 (汗)、、、忘れもしない、あれは確かドラムの市原だった。一生忘れないぞ!!!www

 さて、そんなコンサートをやった後、私たちはセーファーウタキに参拝した。セーファーウタキは凄いパワースポットで、私はエネルギー負けして、クラクラしてしまった。今にも倒れそな感じになってしまった。そして真下にある海岸にたどり着いて、私は何か気が触れたように、その海岸に着衣のまま飛び込んでしまった。あの時、全身に回ったエクスタシーはある種のピークエクスペリエンスで、今でも忘れない。

 私はしばらく波間に浮かんで、瞑想状態になっていた。すると突然私のポケットから「ぴー」とか「がー」とか音がするじゃないか、、、な、なんと携帯電話だったのだ!!!海水漬けになった携帯のディスプレーが青くなったり赤くなったり、今にも爆発しそうになっている。うわ〜〜〜!!! まるで線香花火状態の携帯を海岸まで持っていったけど、昇天してしまった。

 今回の沖縄ではセーファーウタキにお参りするのも、目的の一つだったのだけど、あまりの観光客の多さに、断念しました。しかたがないので携帯電話を天国に送ったあの海岸まで行って、なにか深い郷愁を感じながら「光を世界へ」の旅立ちを蒼い海に祈りました。おわり、、、
[PR]
by wtwong | 2016-04-03 22:39