<俺が精子だった頃、お前は卵子だった、、、>ウォン

f0236202_19583571.png
 
 俺が精子だった頃、お前は卵子だった、、、
精子はオスが作るのだから、精子はやはり「オス」なんだと思う、、、
たとえ「子」がついていても、オスだ、、、
聖徳太子もオスだけど「子」が付いているじゃないか、、、

 精子である俺たちは、ある日突然、怒涛のごとく、恐ろしく深い、闇のトンネルに排出された。
あまりの突然の出来事に、俺たちは混乱した。
そう「俺たち」は2億もの俺たちだった。
そしてその2億の俺たちは、闇のトンネルの中で、のたうち回りながら、しどろもどろになりながら、必死で光に向かっていった。
そう、光に向かうことが俺たちの宿命だった。
深いトンネルの向こうにかすかに見える光に向かって、私たちはがむしゃらに突き進んだ。
おい、これってまるで臨死体験そっくりだと思わないか、、、

 俺たちは生まれようとしているのか、死のうとしているのか、、、、
いや実際、多くの仲間たちは死に絶えていった。
なんてこった!
2億もいた仲間たちが、どんどん無残に死んでいくのを尻目に見ながら、ああ、それでも俺たちは光に向かって、卵子に向かって、そうお前に出会うために、必死でもがき苦しみながら、生き絶え絶えに突き進んでいった。
それが俺たちの宿命、宇宙の理なのだから、、、

 そして、トンネルを抜けると、そこは光だった、、、
卵子よ、ついにお前に出会えたのだ、、、
お前にようやく近づけたのは、ふと見ると数十匹しかいないではないか、、、
いや、もっと少ないかもしれない。
俺は卵子に体当りして、壁をこじ開けるようにして、お前に侵入していった。

 するとどうだ、卵子の壁は突然強固になって、他の仲間たちが侵入しようとするのを阻むではないか、、、
つまり、卵子が受け入れたのは、この俺だけだったのだ、、、
俺以外の、残りの1億999万9999の仲間たちは、無残にも力果てて死んでいった。
俺はその事実をどう受け止めていいのか、、、
俺は自分が選ばれたことは嬉しくなんかはない、、、
生存競争なんて、いやだ!!!

 私は、ありとあらゆる競争を憎む!
争わねばならないことを憎む!!
生き残るための戦いなんて、馬鹿げている!!!
それでも私は生き残り、そして卵子よ、お前に出会った。
そして卵子の中で、私は核になった、、、
核そのものなり、そしてお前の核そのものに出会い、一つになった。
ああ〜〜ひとつになったのだ!!
卵子よ、お前の核と、私の核が一つになり、新たの核が誕生したのだ!!!
それが「誕生」のもっとも最初の奇跡だ。
二つの核から、新たな核が誕生したのだ。
二つのDNAが出会って、新たなDNAを生み出したのだ。
それはお前でもない、俺でもない、新たな「いのち」の核なのだ。

 お前でも俺でもない、新たな生命、、、
人類は、そうやって多様な命を育んだ、、、
多様性は、人類が生き残りをかけた、生命の仕組みだ。

 なのにどうだ、社会には排他性がはびこっている。
あらゆる差別と排他、競争、排除の制度、仕組みで雁字搦めにしている。
そして、有史以来、人類は延々と殺し合ってきた。
これは一体どういうことだ、、、
多様性こそが、生きることを豊かにし、繁栄するために、幸せになるために、人類が採用した仕組みだというのに、自らそれを蔑み退けるとは、、、

俺はふと、あの暗い、長いトンネルの中で、死んでいった1億999万9999の仲間たちに思いを馳せた、、、
そして、祈るような気持ちになった、、、
俺はビジョンを見た、、、
おびただしい精子達が、みな星になっていた。
広大な宇宙の隅々まで、星になった精子でいっぱいだ、、、
そして、その一つ一つは、かすかに、かすかに光り輝いている
ほら、見えるだろう、星々にシッポが生えているのを、、、

https://youtu.be/l3i4W0cR2B0
[PR]
by wtwong | 2017-10-25 20:01