2012年 01月 04日 ( 1 )

< Conversation with people living in Fukushima and
the low radiation dose area >

「福島や低放射線量地域に住む人達との対話」

East Japan great earthquake disaster happened
on March 11, 2011.
And a serious accident happened in Fukushima
first Nuclear Power Plant.
Much radioactivity was scattered by this accident.
There is more scattered quantity than an accident
of Chernobyl.
Widespread land was polluted by radioactivity.
radiation contour map of the fukushima Daiishi accident

2011年3月11日東日本大震災が起きた。
そして福島第一原子力発電所で重大事故が起きた。
沢山の放射能がこの事故によって飛散した。
飛散した量はチェルノブイリの事故より多い。
広範囲の土地が放射能で汚染された。
<福島第1原発からの漏れた放射能の広がり>

We are worried about the health risk of radiation to
people living in the area that has low level of radiation.
(Japan's standard for radiation exposure for the
general public is 1millisievert ( mSv) per year.
Areas with more than 1 mSv/year are called "low
radiation area")
Especially, we are worried about the health of children
and pregnant women.
Children's bodies are underdeveloped and easily
affected by radiation.
They need to be evacuated from the area as
soon as possible.


我々は低放射線量地域に住む人々の健康被害を心配している。
(年間1ミリシーベルト以上の被曝を受ける地域を低放射線量地域と言う)
特に、我々は子どもたちや妊婦たちの健康が心配。
子供たちは放射能の被害を受けやすい。
なぜなら新陳代謝が多いから。
彼らはいち早く避難すべきである。

However, nothing does the government and the local
administration.
Awful money is necessary for refuge.
The government does not get a tax from the inhabitants
who evacuated.
If many inhabitants evacuate, the area will decline.
It that the government protects health and the life of
inhabitants is their original work.
However, they do not do it.

しかし、政府や地域行政はなにもしない。
なぜなら、避難にはベラボウなお金が必要になる。
行政は避難した住民から税金がとれなくなる。
多くの住民が避難すればその地域は衰退するであろう。
政府は住民の健康と命を守る、それが彼らの本来の仕事である。
しかし、彼らはそれをやらない。

The government and the local government continue
saying that Fukushima and the low radiation dose area
are safe.
Most inhabitants believe it.
They want to believe it.
It is really hard to evacuate.

政府や地域行政は福島や低放射線量地域は安全だと言い続けている。
ほとんどの住民はそれを信じている。
彼らはそれを信じたい。
なぜなら避難することはほんとうに大変なのだ。

If they would evacuate,
they have to leave their hometown
where they were born and bred.
They have to be apart from their friends, neighbors
and even from family members who decided to stay
in the area.
they have to give up their jobs.
They have to leave their homes, which still have
mortgages remaining
It is impossible for them to sell their land which lost its
value because of radioactive contamination.
Moreover, debts can't be eliminated.
With all of this, having to evacuate has caused them
much grief and suffering.

避難するには、、、
彼らは生まれ育った故郷を捨てねばならない。
彼らは友人や隣人と別れなくてはならない。
留まる家族がいれば、避難する人は彼らとも別れなくてはならない。
彼らは仕事もやめなければならない。
彼らはローンで買った家も捨てねばならない。
彼らの所有地は売れない。
放射能汚染のために値段がつかない。
しかし、ローンの借金がなくなるわけではない。
このように、避難は多くの悲しみと苦しみを生むのだ

Tokyo Electric company and the Japanese Government
want to do a guarantee amount of money to a minimum.
Or they do not want to give guaranty money.
Therefore they continue saying that there is not the
damage by the low radiation dose.
The victim may not prove it even if I suffer damage for
the radioactivity.
The people living in the low radiation dose area are the
very difficult situation.
They cannot continue living there and cannot evacuate.
They shut a heart,
With uneasiness and anger.

東京電力会社と日本政府は保証金額を最低限にしたい。
あるいは、彼らは保証金を出したくない。
そのために、彼らは低放射線量による被害は無いと言い続けている。
放射能の被害をうけても、被害者はそれは証明できないだろう。
低放射線量地域に住んでいる人々は大変困難な状況の中にいる。
彼らはそこに住み続けることもできないし、避難することもできない。
彼らは心を閉ざしている、
不安と怒りを抱えて。

Many actions are carried out in the private enterprise.
The NGO of various parts of Japan accepts refuge.
Doctors who experienced Chernobyl continue a lecture
and a study session.
If they live in the polluted place, it is necessary to study
knowledge and a technique to defend for its own
protection,
They can considerably evade it from the danger.
We want mother to know it how we protect children
from radioactivity.
It is the urgent task that we must do now.

民間では多くの取り組みが行われている。
日本各地のNGOは避難を受け入れている。
チェルノブイリを経験した医者たちが講演会や勉強会を続けている。
彼らが汚染された場所に住むならば、自衛する知識と技術を勉強する必要がある、
彼らはその危険からかなり回避することが出来る。
放射能からいかに子供たちを守るか、私たちは母親たちに知ってもらいたい。
それが今、私達がやらねばならない緊急のタスクである。

If they mask the hay fever use, it does not suck in
atmospheric radioactivity.
Tokyo University isotope research institute proved.
If they select carefully by food, they can minimize
internal radiation exposure.
Even if soil is polluted, there are a lot of plants which
do not absorb radioactivity.
The animal eating the bait which is not polluted is
all right.
The river fish understands a high-risk thing.
Mushrooms are high-risk, too.
They should choose safe food.
Still the probability that radioactivity is in
the body is big.
It is said that it takes 100 days though cesium is
drained from a body.
It is very good for summer and winter vacation
to spend it in a clean area.
It is recognized that pectin stimulates discharge of
cesium.

彼らがもし花粉症用のマスクをすれば、空気中の放射能を吸わない。
東大アイソトープ研究所が証明した。
彼らがもし食べ物を厳選すれば、彼らは内部被曝を最小限にできる。
土が汚染されても、放射能を吸収しない植物はたくさんある。
汚染されていない餌を食べている動物も大丈夫だ。
川魚は危険度が高いことが判っている。
きのこ類も危険度が高い。
彼らは安全な食べ物を選択すれば良い。
それでも放射能が体に入る確率は大きい。
セシウムが身体から排出されるのに100日かかると言われている。
夏や冬のバケーションに、クリーンな地域で過ごすことはとても良い。
ペクチンがセシウムの排出を進めることも判明している。

The communication of people living in the low radiation
dose area and people appealing for the risk is not
good now.
The local people have shut a heart to strongly overstate the risk.
At first we have to respect their choice.
With that in mind, we continue a conversation with them patiently.
Labeling and the imposition are no use.
We accept each other by a conversation.
We must grope for a course opened up from there.

今、低放射線量地域に住んでいる人々と、その危険性を訴える人々のコミュニケーションは良くない。
危険性を強く言い過ぎるために、地域の人々は心を閉ざしてしまった。
私たちはまず彼らの選択を尊重する必要がある。
その上で、私たちは彼らと対話を根気よく続けていく。
ラベリングや押し付けはダメなのだ。
対話によってお互いを受け入れる。
私たちはそこから開かれる道を模索せねばならない。

WongWingTsan
2012/01/04
[PR]
by wtwong | 2012-01-04 12:44 | essay