2014年 09月 16日 ( 1 )

f0236202_9332478.jpg

「2014年、秋のお知らせ」

 皆さん、お元気ですか、いかがお過ごしですか。
年に一回のDMですから、お話したいこと、お伝えしたいことがいっぱいです。
でも、もし一つだけしか伝えられないとしたら、私はなにを伝えるだろう。
もし一つだけ願うとしたら、なにを願うのだろう。
そんなことを考えていると、心に浮かんだのは、日々フェイスブックやツイッターで散見する、ガザの子供たちの無残な映像でした。

 今回のイスラエルとパレスチナの戦争によって、亡くなったイスラエルの子ども1人とガザの子ども達577人。
世界では、まだまだ多くの人々が戦争、政治や宗教の対立、そして貧困と飢餓に苦しんでいる。
日本は先の戦争から今日まで69年間、平和憲法9条に守られて、繁栄を謳歌してきました。
しかし格差や貧困、そして震災や原発事故によって、日本も決して皆が幸せに生きているわけではない事を、ニュースやフェイスブックで日々思い知らされます。
わたし達は日々の生活の慌ただしさの中で、わたし達がどんなに恵まれた環境にいるか忘れがちです。
そして世界のあらゆるところで、そしてこの日本でも、幸福を求める権利さえ保証されていない人々がたくさんいることを知らないで済まされてしまっています。

 そんな世界の中で、日本の憲法が人権擁護という見地から、最先端であることがアメリカの憲法学者が実証しました。
驚きの事実でした。
全世界188カ国の全成文憲法を比較分析した結果、日本の憲法は今も世界の最先端であることが証明されたのです。
日本の憲法は世界に誇るべき内容を持っていたのです。

 もし私が願うものがあるとするなら、日本の憲法の理念を、世界全体の理念として、つまり世界全体の戦争放棄と、あらゆる人権の擁護を、そして幸福を追い求めることができる人間の生存権の保障を、それぞれの国の憲法に採択されることだと、思うようになりました。

 世界に住むあらゆる人々が、自分や家族、友人達の幸福を求めることが出来る、それぞれの幸福を追求することができる環境や社会システムを構築すること、そんな日がいつか来ることを、一人の地球人として、心から望んでいます。
ありがとうございました。

ウォン・ウィンツァン
2014/09/01
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月20日に二枚組の新譜がリリースされます。
タイトルは「青の龍」(Blue Dragon)
このCDは、陶彩画として有名な草場一壽さんとの出会いから始まりました。
彼が描いた美しい龍の作品「龍宮の遣い」が今回のCDのジャケットアートを飾ります。
音楽は「月の音階」で実現した音楽性をより鮮明にし、かつ洗練されたものになりました。
今の私が到達できた音楽のエッセンスをあますところなく表出することが出来たと思います。
是非、聴いていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

ウォン・ウィンツァン
2014/09/01
[PR]
by wtwong | 2014-09-16 09:34