2018年 01月 10日 ( 2 )

f0236202_19552910.png
<生誕100年 ユージン・スミス写真展>
東京都写真美術館
2017.11.25(土)—2018.1.28(日)

今日は、東京都写真美術館で行われているユージン・スミス展を見に行きました。
フォト・ジャーナリストとしての生涯の仕事を、年代順に網羅してあり、とっても分かりやすかった。
水俣やシュヴァイツァーなどの仕事、また「楽園への歩み」などは知っていましたが、トータルに見るのは初めてで、写真家の歩みの中で、どのように変遷したのか、とても興味深かったです。
享年59歳とはいえ、生涯にわたる仕事の量は半端なく多い。
知られている写真が今回の展覧会には見当たらなくて残念。
逆にあまり知られていないすばらしい写真も数多くあり、うれしい発見がありました。
普段見ることがないオリジナルプリントの素晴らしさにため息です。
ユージン・スミスという日本に縁が深い写真家を知る入り口に立てるということでは、今回の写真展はとっても良かった。
またユージン・スミスの言葉はとっても含蓄が深く、表現者の信念、執念、気概を感じさせてくれます。
今月28日まで、ぜひ〜〜



[PR]
by wtwong | 2018-01-10 19:56
f0236202_19552910.png
<生誕100年 ユージン・スミス写真展>
東京都写真美術館
2017.11.25(土)—2018.1.28(日)

今日は、東京都写真美術館で行われているユージン・スミス展を見に行きました。
フォト・ジャーナリストとしての生涯の仕事を、年代順に網羅してあり、とっても分かりやすかった。
水俣やシュヴァイツァーなどの仕事、また「楽園への歩み」などは知っていましたが、トータルに見るのは初めてで、写真家の歩みの中で、どのように変遷したのか、とても興味深かったです。
享年59歳とはいえ、生涯にわたる仕事の量は半端なく多い。
知られている写真が今回の展覧会には見当たらなて残念。
逆にあまり知られていないすばらしい写真も数多くあり、うれしはい発見です。
普段見ることがないオリジナルプリントの素晴らしさにため息です。
ユージン・スミスという日本に縁が深い写真家を知る入り口に立てるということでは、今回の写真展はとっても良かった。
ユージン・スミスの言葉もとっても含蓄が深く、表現者の信念、執念、気概とか感じさせてくれます。
今月28日まで、ぜひ〜〜




[PR]
by wtwong | 2018-01-10 19:56