<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

魂の旅は、個別的であり、高度に個人的なものである
旅の道筋は、オーガナイズすることも、
管理することも出来ない
誰もがひとつの道筋を辿らねばならない、というのは真実ではない
あなた自身の真実を、聞くのだ・・・

ラム・ダス

The spiritual journey is individual, highly personal.
It can’t be organized or regulated.
It isn’t true that everyone should follow one path.
Listen to your own truth.

~ Ram Dass ~

人生の歩みというものが「魂の旅」だと気づいた時から、人生は全く違う様相をおびてくる
旅は、もうすでに始まっているが、いつもスタート点であり、終わることもない
魂の旅は、目的がありながら、目的はない
意味がありながら、意味はない
魂の旅のスピードは、早いこともなければ、遅いこともない
回り道のように見えても、ワープすることもある
選択した道筋に、間違いというものはない
道筋はその都度その都度、刷新される
今までの道に捕らわれていると、新たな道に気づかない
間違えたと感じる時こそ、掛け替えの無い気付きや学びが横たわっている

道しるべやヒントは、暗号のように、隠喩のように、周りにあふれている
言葉の時もあるが、身体感覚である場合が多い
感覚を磨くことで、旅はますます光を帯びてくる

魂の歩みは、過去にも未来にも捕らわれない
しかし、過去から自由になるためには、かつて直面して来なかったことに、向きあわねばならない
自分に嘘をついていると、道筋は見えてこない
してはいけない、とか、しなければならない、などに捕らわれていると、魂の道のりは見えてこない
しかし、自覚的にそれを選択すれば、それは魂の道のりだ
愛によってそれを選択するなら、あなたは自由だ

魂の旅は聖なるものではあるが、俗なる道を歩まねばならない時もある
強い希求があるなら、それに委ねてみるがいい
魂の旅がいつも至福に満ちているとは限らない
イバラの道を歩まねばならない時もある
戦わねばならない時もあるかもしれない
傷つけ合う時もあるかもしれない
悲しみに溢れるときも、きっとある

私たちは、人生を十全に生ききるために、たましいの旅人となる
あらゆる感情や情念を、感じ尽くすために、生まれてきたのかもしれない
旅愁や、旅情は、掛け替えのないプレゼント
魂の旅は、それを感じるためにあると言っても良いくらいだ
旅愁や旅情を分かち合える愛する魂の友人がいる人は本当に幸いだ
しかし、魂の旅は本質的に孤独なものだと思う

さて、今年ももうすぐ終わり、新たな旅が始まろうとしている
私たちは地球という小さな星の住民として、今という時間を生きる魂の旅人同士であり、魂の伴侶なのだ
私たちは世界の行く末を祈り、そして信頼しよう
そして行動しよう
今日までを感謝し、明日を祈ろう
そして皆に感謝しよう
「ありがとう」
そして、この星を旅立つ時は、ほほ笑みとともに、別れを言い合おう
「また、会いましょう」と・・・

ウォンウィンツァン
2012/12/30

f0236202_9512094.jpg

[PR]
by wtwong | 2012-12-30 09:53 | essay
  Facebookの写真をご覧になった方たちから、ご心配のお声をかけていただきました。その度に曖昧なお返事しかせずに、大変失礼いたしました。しばらく両手で演奏できなくなりましたが、精神的ダメージは軽く、大したコトではないと思っています。しかしながらピアニストが左手を骨折したのですから、皆さんが心配されるのも当然で、ようやく余裕もでてきましたので、改めてご報告と、感謝です。

 11月18日浜離宮朝日ホールでのコンサートを終えて、次の日の朝5時頃、小さなオブジェ作品を壁に掛けたくて、不安定な椅子に乗り、掛け終えて椅子から降りようとした時、椅子の上のケーブルに体重を乗せた足を取られ、そのまま転倒しちゃったのです。左手首に激痛が走り、はじめは打撲か捻挫程度に思ったのですが、よく見ると、手首が曲がっていたので「あら、骨折してる」とつぶやいちゃいました。そのまま美枝子さんに救急病院まで連れて行ってもらい、添え木だけしてもらい、病院が開院するまで待って、整形外科の先生に見てもらいました。そこまでの経緯も、なかなかスリリングで忘れがたいのですが、そのうちご報告します。

 レントゲンやCTの結果、手首が20度ぐらい曲がっちゃって、手首から5cmぐらい上のところに大きなヒビが入っていました。手術するか、あるいはギブスだけで治すかという選択を迫られましたが、ちょっと迷って後者にしました。ギブスだとキレイには治らないのですが、メスは嫌だったんです。痛みもそれほどではないので、痛み止めも抗生物質も飲まずにすんでいます。ギブスは一ヶ月半ほどつけていなくてはいけません。その後、リハビリでどこまで戻るかですが、先生の話だと完全に元に戻るかどうかは微妙だとのことです。まあ、きちんとリハビリに頑張り、一年ぐらいかけて、骨折以前より左手の能力をアップさせちゃおう、などと企んでいます。

 病院に行く途中、「これで一生、左手が使えなくなるかも。でも、この世の中の巷ある不条理に比べれば、大したことじゃない。左手だけのピアニストもいる。右手が残っているのは本当に幸運なことだ。」などといきがっていました。でも今後、左手の能力がどこまで戻るか、保証されたわけではありません。その時になって、自分がどうなるか、分からないです。しかし、今から未来を悩んでも仕方がありません。骨折はいつか繋がるでしょうし、いまでも一本指で演奏していますから、いつかは演奏できるようになるでしょう。その時その時を精一杯、生きるしか無いですよね。

 左手が使えないことで、色々なテーマが与えられました。「左手に頼れなくなった右手の自立。」実はここ数年、よくその事を考えていました。例えば、ダンパーペダルを左手の響きの為に使うのか、右手のメロディーの表情に使うのか、音楽が変わってしまうのです。それに、両手に分散された意識を右手だけに集中させられる。左手に依存し、制限されていた右手がどれだけ自由に飛翔していけるのか、大きなテーマになりました。

 また、伴奏役の左手が使えないので、急遽、ギターリストである息子の美音志君にサポートしてもらって、幾つかのコンサートやライブをやり終えました。一緒に演奏するには、お互いの音楽的エゴを超えねばなりません。美音志君も父親のワガママを受け入れざるを得なくなったわけです。私もですが、、、ww。左手が使えない父親のサポートを、何はともあれ、何とかやらねばならない。親子にとっていい経験になるでしょう。

 今回、左手が使えなくなったことで、生活にとって、音楽にとって、左手にどんなにか助けられていたか、よ〜〜く判りました。左手に心から感謝です。あらゆる動作に左手を使っているんですね。右手だけだと、なにをするにも二倍以上の時間がかかっています。でも、初めからそういうものだと思えば、どんなに時間がかかっても苛つくことはありません。勿論、右手だけでは出来ないことも結構あります。例えば靴紐を結ぶとか。その場合は美枝子さんに甘えています。ww甘える理由ができたので、心置きなく甘えさせていただいています。ww

 今回たくさんの友人に心配されて、つくづく自分が愛されているな〜と感激です。「祈っています」「遠隔治療しています」「お手当てをしたい」と言ってくださる方が沢山いて、これでは治らないわけには行かなくなりました。ほんとうに感謝です。とりわけ最も身近な人の愛に支えられました。誰よりも心配したことでしょう。美枝子さんに心から感謝です。最後は惚気で終わってしまいましたが、ww、ギブスがとれた後、リハビリを頑張りますので、これからもどうぞ、よろしくお願いします。m(__)m

f0236202_1401263.jpg

[PR]
by wtwong | 2012-12-19 01:47 | essay
ロケットが飛び、領土が侵犯された。マスコミはこぞって「北朝鮮の脅威、中国の脅威」と騒ぎ立てる。国民は煽られ、怯える。勢い右傾政党を選ぶのだろうか。改憲され、軍隊が出来、徴兵制が復活するのだろうか。その時、中国も北朝鮮も必ず言うだろう「日本の脅威」と、、、中国の新しい体制では共産党や軍部は弱体化された。しかし日本の右傾化で息を吹き返すのだろうか。こうしてアメリカ軍需産業も中国共産党軍部も万々歳だ。バカを見るのは日本国民?それとも中国国民?それとも両方?でもしょうがないでしょう、右傾政党を選挙で選んだのは日本国民なんだから。後で「騙された」なんて言っても遅いよね。徴兵制度でお上に楯突かないように、根性を叩き直すのかな、、、
[PR]
by wtwong | 2012-12-14 13:46 | essay