「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年の6月、高校時代からの親友が自死した。
最も古い交友関係だ。
あの当時、わたし達は文学青年同士だった。
私は太宰治に心酔し、彼は坂口安吾に傾倒していた。
原口統三という二十歳で自害した詩人について私が話すと、
彼は村山槐多という夭折の画家について熱く語っていた。
乱暴な酒を飲んでは、
あてども無い難しい観念的な議論を弄んでいた。
デカダンという言葉を彼から習った。
そんな文学的なダンディイズムを身にまとって、
淡い青年時代を共有した、無二の親友だった。
ある時、甘えから彼を傷つけてしまうこともあり、
一時は交流のない時期もあった。

再会してからは、コンサートに来てくれたり、
CDも購入してくれたりしていたし、
年に一回は会って、
夜遅くなるまで、
とめどなく話し続けたものだった。

彼は高校を卒業したあたりから
家庭的に難しい問題を抱えていたようだったが、
その事は深く話そうとはしなかった。
彼には閉ざさねばならない、
深い傷を持っていたと思う。

両親は数年前に先立たれ、
連れ合いも、子もいない、一人暮らしだった。
昨年から緑内障や、黄斑変性がひどくなって、
失明の不安を抱えていたと言う。
読書家で蔵書家であった彼にとって、
本が読めなくなることは、
どれほどの失望だろうか。

後見人になった人と
生きる価値について話し合ったという。
「人には死ぬ自由があるのか」とも問われたという。

人は、生きる自由があるように、
死ぬ自由もあると、私は思う。
しかし、人が生きる本質的な理由が与えられていないのと同様に、
死ぬ本質的な理由も与えられていない。
生きる価値を論理的に証明できないように、
生が無価値であることも証明できない。
わたし達の「いのち」はそのような次元には存在していないのだ。

自殺を考える人の心想には深い絶望が横たわっている。
しかし絶望は「過去」や「未来」に属していて、
「今」には絶望は存在しない。
過去の自責や喪失、未来への閉塞と不安、、、、
しかし「今」には絶望はない。
「今に生きる」ものは、生きる価値を問うことはない。
しかしそのような「認識」が彼に伝わるだろうか。

わたし達の生き方や考え方は、
高校時代のそのままではあり得ない。
当然のことだ。
人生観というものは、人それぞれの生き方の中で、
刻々と変化し続けていく。

私は25年前にインドに伝わる瞑想というものを始め、
この10年ぐらいはトランスパーソナル心理学に意識が向いている。
生きることの考え方や、人間観は、今も大きく変化し続けている。
彼とのライフスタイルそのものの違いから、
同じ土壌での会話が共有しにくいと感じていた。
毎年一回は会っていたのに、
郊外に住んでいた彼の所にそう気軽には行けないこともあり、
少しずつ疎遠になり始めていた。

死を考える彼らが直面しているのは、
一言で言えば「孤独」以外にない。
自殺者の原因は、就職問題、経済問題、病気の問題がよく言われるが、
何よりも友人や他者との関わりが希薄になること、
つまり「孤独」が一番の原因ではないだろうか。

それに、多くの人がそうであるように、
心の奥底にある開放されないものを、
彼もまた持っていたし、
そしてそれを閉ざしていた。
自ずとわたし達の関係は希薄にならざるを得なかったのかもしれない。
でも、会いたいと思っていのだから、会いに行けばよかった。
寄り添ってあげられなかったことに、やはり悔いが残る。

彼は死ぬ前に、蔵書やLP、CDなどのコレクションのほとんどすべてを売却していた。
身の回りを全てをきちんと整えて、旅立っていったのだ。
本気で死のうとするものは、誰にも引き止めることは出来ない。
そうは思っても、やはりなんとも言えない無念な気分は残っている。
私の人格を形成している一部分が、抜け落ちてしまったかのようだ。
彼に会えば、いつもあの文学青年時代の気分が沸き起こったものだった。
私にとって彼は青春の象徴そのものだった。
私はそれを失った。
f0236202_20274790.jpg

[PR]
by wtwong | 2013-10-24 20:27 | essay
 この一年近く、シンセサイザーにハマっています。でも実は20代30代も、新しいもの好きの私は最前線のキーボードやシンセサイザーにハマっていたのです。エレピやクラビネット、アープ・シンセサイザー(ミニムーグは持ってなかった)ウォルツアー・エレピとか、、、でも、40代に入りピアノソロをやるようになって演奏活動に電気楽器は使わなくなりました。だって、重いんだもん。ww

 でもCD制作の時はそれなりにシンセサイザーやサンプラーをオーバーダビングに使っていたわけで、縁がないわけではなかったのです。でも、今回のシンセグルメ方向は、今までとはちょっと違うスタンスです。発端は、昨年、ピアニストの高橋全氏のウォールの書き込みに「Korgのmicro stationがいいよ」というのを見ちゃってからです。遊び心をくすぐられて、お揃いで買ってしまったわけです。なんと重さが2.6Kgしかないんです。背中にしょって、オジサンはたのし〜〜www

 実はそれなりにシンセサイザーによるソロの世界の可能性というものは脳裏にあったのです。その可能性を垣間見せているのはCD「九寨溝」ですが、収録曲にシンセサイザーだけによる演奏が数曲入っています。それよりも以前から、シンセサイザーによるソロの世界をいつか展開したいな〜と心の奥底で目論んでいたんですね。ピアノという楽器は、当たり前ですが音色がピアノなんですね。でもシンセサイザーと使えば、他のあらゆる楽器が、それがバーチャルであっても、自分のものになっちゃうのです。サウンドの可能性は絶大です。

 シンセサイザーが様々な楽器のサウンドで演奏できるという可能性は絶大ですが、実は自分がフォーカスしていたのはもう少し違う次元なんですね。抽象的に言えば、ダイナミックレンジによる表現域の拡大です。鍵盤というものは、それを弾けばある特定の音程が発音されるわけですが、それと同時に強弱というものが決定されます。強く弾けば強い音、弱く弾けば弱い音が出ます。ピアノという楽器の表現というものは、実はそれしかないのです。だからピアノの元々の名前は「ピアノ・フォルテ」と言われる所以です。

 ピアノ以外の楽器はほとんどが直接弦に触れたり、ダイレクトに発音体に触れることが出来て、結果的に様々な表現ができます。ビブラートとか音色も変化させられますし、音程も変えられます。でもピアノは「強弱」以外の表情の付け方はないのです。しかも構造的に弱音がとっても演奏しにくい楽器でもあるのです。その代わり、両手を使って、伴奏を同時にしたり、和音を弾いたり、違う表現はできるわけです。しかし、メロディーそのものにビブラートを掛けたり、音色を変えたりすることは基本的に出来ないという、実に制限の多い楽器なんです。

 さて、シンセサイザーの音色にも鍵盤を弾く強さによって、強弱の表現ができるのですが、シンセサイザーを使う人によってはそれほどその機能は要求されないようです。大体はソコソコの強弱しか出せません。でも、私は強弱の変化にフォーカスしていたのです。強弱による表現の変化こそが大事だと思っていたのです。で、実際にKorgのmicro stationを使い出して、すごい驚いたのです。4万円にも満たないオモチャのようなシンセサイザーですが、コンピュータを使えば、サウンドを作るあらゆる要素のパラメーターをエディット(編集)することが出来ることが判ったのです。

 普通、メーカーがシンセサイザーなどの楽器を売り出すときは、購買層を、例えばプロ、セミプロ、アマチュア、初心者、などに区分して値段設定や機能設定をするわけで、アマチュア用や初心者用は、ソコソコの値段なわけで、もちろん機能もソコソコなわけです。ところがKorgは、たとえアマチュア用でもプロ用と全く同じに、編集機能は音色を変化させるほとんどのパラメーターが使えるのです。Korg!すばらし〜〜〜

f0236202_442850.png

 micro stationはミニ鍵盤だし、搭載されている音源もソコソコ!でも、エディットによって、自分の表現したいサウンドが作れちゃうのです。とりわけ何が私に良かったかというと、鍵盤の強弱(ベロシティー)によるによる音量変化、音色変化を自由に設定できるということなんです。シンセサイザーの世界では鍵盤の強弱を「ベロシティー」と言います。ベロシティーを一番弱い信号は「1」、一番強い信号は「127」で、1から127の間の情報(安いキーボードはもっと荒い)を、シンセサイザーは受けて強弱や音色を変化させて発音するのです。

 シンセサイザーを購入してから今日まで、自分が表現したい、つまり演奏しながらイメージしている音量や音色に、実際にシンセから発言されるサウンドと、どれだけ一致させられるか、試行錯誤を続けながら、自分がどのような表現をしたいのか、見極めるための検証と修練でもあったのです。それはほんとうにいい勉強になったし、自分の表現の可能性が今までになく広がったことを感じています。

 奏者が演奏しているその時時のイメージしている音量音色が、ダイレクトに表現される、コレは実は生ピアノではなかなか出来ないことなんです。と言うよりは私にはピアノをコントロールしきれる実力がなかったのでしょう。でもシンセサイザーは、そのような私の力量のなさをカバーしてくれるのです。つまりピアノに安住していたら、自分が本当に出したかった表現に気が付かないままでいた可能性があるのです。

 そして、逆に、シンセサイザーによるイメージトレーニングのお陰で、生のピアノの表現の質も変わり始めています。本当に音楽って可能性が無限だな〜〜

 という訳で、ピアノの音楽の新しい領域に挑戦しています。10月20日(日曜)浜離宮朝日ホールで午後の5時から、生のピアノ(ベーゼンドルファー275)を演奏します。ぜひ聴きに来てください。

http://www.satowa-music.com/
[PR]
by wtwong | 2013-10-02 01:20 | essay