「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「時代の分水嶺」この言葉が私の中でこだましている。

 日本の脱原発運動を導いてきた名だたる運動家たちが、今まで応援していた市民候補者ではなく、いままで一線を退いていた政治家を応援すると言い出し、しかも今まで応援していた候補者に降りろと迫った。それに対してその市民候補者を応援する人々は裏切られた思いを持ってしまった。ある若いカリスマ運動家は、自分の歳よりも長く運動を続けてきた人々に「いったい運動は何だったのだ」と強く罵っている。私たちの脱原発運動の分断は、決定的になった。

 私なりに双方を取り持とうという気持ちもあった。罵り合うことだけは避けよう。遺恨を残すようなことだけはやめよう。お互いを尊重し、最善を尽くして、ワン・ツー・フィニッシュしようと、、、。しかしそれは叶わなかった。どちらの候補者を選択するか、それぞれはそれぞれの言い分があり、その言い分に対しての批判もあり、そのどちらも譲ることはない。批判は説得にはならない。批判は今や誹謗中傷にまでになっている。人格を否定するひどい言葉が行き交っている。それこそ私たちの運動は何だったのかと、私は言いたくなる。民主主義の成長などと言いながら社会運動をしてきた私たちが、精神的にも人格的にも、全く未熟であることに気づいた人はどのくらいいるだろう。今回の分断はそれを露呈させてくれた。

 分断は確実になった。残念に思うと同時に、何故か「起こるべきことが起きている」という感慨が湧いてしょうがない。プロセスは始まっているのだ。この時代に生きるすべての人の意識の成長を促されているのだ。有権者、脱原発を運動してきた一人ひとり、とりわけ彼らを導いてきた有識者、そして何よりも脱原発陣営のそれぞれの候補者二人。そして私自身。意識の成長とはなにか、一人ひとりが自分に問わねばならない。それなくして民主主義の成長など戯言にすぎない。

 かつて政治や学生運動や安保闘争を目撃し、人間の未熟さ、醜さ、エゴイズム、強欲、身勝手にうんざりして、全てからドロップアウトし、社会とは関わらない所で生きてきた。しかし311があり、その後の右傾化があり、もうすぐ戦争が目の前に迫っている。どんなに社会から逃げても逃げきることは出来ない。放射能に汚染され、戦火にまみれるかもしれない。もう一度この社会で自分が何が出来るか、私自身も試されている。

  「時代の分水嶺」この言葉が私の中でこだましている。日本の集合意識が、成長のある段階に差し掛かっているのだ。答えは一人一人自分で探り寄せなければならない。答えはない。誰も答えは教えてくれない。しかし私たちのそれぞれの選択が、集合意識が、日本の未来をつくる。確実にその未来は来る。脱原発か、原発事故か、戦争か、平和か、財政破綻か、皆が幸福を分かち合える社会化。今回の選挙の結果によって未来が変わる。だが選んだ候補者が当選したからといって、未来が約束されたわけじゃない。脱原発のどちらかが当選したからといって、脱原発が確実になるわけじゃない。それでも私たちは選択を迫られている。選挙が終わった後、わたし達の仕事が終わったわけでもない。私たちは死ぬまで社会的存在だ。

 私の言葉は悲壮に聞こえるかもしれない。こんなことに直面させられたくない。自分自身に直面したくないのと同じように。だがもし直面しなかったなら、この場から逃げ出したなら、私は私自身に直面しなかったことと同じだ。一生後悔するだろう。しかしきちんと直面し、悩み苦しみながらでもひとりの候補者を選んだなら、その結果がどうあろうとも、私はそれを受け入れられるだろう。自分の選択を受容することが出来るだろう。このすさましい時代の変遷の只中に、皆と同じように生きていることに、強い同胞意識を持つことも出来るだろう。時代のまっただ中にいることに、私は感動している。

 ウォン・ウィンツァン(バッハのミサ曲を聴きながら、、、)
[PR]
by wtwong | 2014-01-23 07:11 | essay
<私にとって今回の都知事選は、、、>

 こんなに選挙というものに意識が向いている自分って、人生で初めてかも。学生時代、安保闘争の挫折を見ながら、政治や社会というものに失望した。それからの私のライフスタイルは、いかに脱社会、この社会や制度から逸脱して生きるということだった。音楽をしながら、政治や社会とは無縁のところに生きてきた。

 でも原発事故以降、今まで無視し続けてきたこの社会、社会のシステム、制度というものに、自分でもビックリするほど興味を持って様々な情報を手繰り寄せている。そして社会の動向に一喜一憂している自分がいる。いかに冷静を装っていても、なるべく社会問題に自己同一化しないように振舞っていても、明らかに強く影響されている自分がいる。

 安倍政権げ立ち上がってから、その傾向は強くなり、靖国参拝騒動以降は鬱々とした気分を払拭できずにいた。安倍政権のファッショぶりは確実なものになり、このまま行けば「戦争の出来る国」が出来上がる。そんなときに始まったのが今回の都知事選である。

 今回の選挙は日本の未来の命運を分けるだろうと、思うところがある。原発問題だけでなく、日本のあらゆる問題がこの選挙に集約されると思っている。日本国内だけでなくアメリカをも含めた東アジアに位置する日本という国の今後のあり方が決まる、その最初のエピソードになるような気がする。3・11以降はじまった私の社会勉強もこの選挙が、ある段階から次の段階に移行するための課題のような気がする。鬱々とした気分とは裏腹に、どこかひどく興奮している自分がいる。
[PR]
by wtwong | 2014-01-19 00:57 | essay
あくまでも妄想ですが、、、(^_^;)
ーーーーーーーーーーーーー
あーら、もう答えは決まっているのに、みんな右往左往しているのね〜
もちろん、Hちゃんの勝ちよ!
だって、私が送った刺客はKちゃんよ!
Kちゃんに抜かりはないわよ
え、以前Kちゃんは推進派だったって、、、
あのね、政治家は理念なんかで動いていないことぐらい、わからなかったの?www
それにわたし達が決めたことは、実現するのよ〜

え、なぜ脱原発かって?
それは日本にとって、間違いのない正義だからよ
誰も反対できないわ〜
わたし達の利権を失うじゃないかって?
この前までそうだったけど、もう旨味はないのよ
もちろん同盟の絆の一つだけど、もうそろそろお別れしたいのよ
慰謝料もらって、日米原子力協定、解消しましょうね〜〜www
でも、他の利権はちょうだいね〜〜www
もちろんTPPってやつよ〜〜

でもね、それもそんなに期待していないの
あなたってもう旨味がないもん
中ちゃんの方が、あんたなんかよりすご〜〜い大きいのよ。ふふふf
勿論まだまだ若くって、調教しなくっちゃいけないけど、可能性は莫大なのよ
わたし達にはね、中ちゃんは絶対必要なの
だから、あんたはオトナシクしていて、邪魔しないで、、、

もちろん、NPT(核非拡散条約)だけは厳守してよ
後ろから刺されたくないもの〜〜
だから憲法九条も守ってね。
ちょっと前まで、あの憲法、邪魔だったけど、油断するとあっという間に戦前に戻っちゃうのが、この間の尖閣問題と靖国参拝でよ〜〜くわかったわ!
もう、こんな粗暴で子供なあなたなんかいらないのよ

え、わたしをアメリカちゃんだと思ってたの〜www
私は顔の見えない女「1%」って言われているわ〜〜wwww
[PR]
by wtwong | 2014-01-18 01:47 | essay
<安部首相の靖国神社参拝から、日本のこれからを考えてみた>

昨年末、安部首相の靖国神社参拝は、国内外に大きな波紋を起こさせました。
いまも問題は収まりそうもありません。
靖国問題に関して、私もほとんど知りませんでしたので、今回いろいろ勉強してみました。

先ずわかったことは、靖国神社は、戦前戦中と国民を戦争に駆り立てるための精神的主柱として機能し、今も先の戦争を賛美している宗教組織であること。
そのことで思い出したのはオウム真理教事件でした。
ごく普通の善良な信徒でも、精神的裏付けを与えられれば、人を殺めることをいとわなかったのです。
鬼畜米英を滅ぼすため、肉弾となって玉砕をいとわなかったことと同じに思えました。

また戦争の犠牲者を「英霊」として祀るだけでなく、A級戦犯も一緒に祀られていること。
つまり犠牲者と加害者が同じ場所で祀られている。
これは遺族にとっては耐えられないことではないでしょうか。

A級戦犯が祀られている神社を参拝することは、ドイツ首相がヒットラーやその配下たちの墓参りをすると同じだと発言して炎上しているハーフのタレントさんのブログにあるように、国外からそのように見られ、日本の首相が先の戦争を肯定したと受け取られる可能性は、少なからずあると思います。実際に日中韓の国交は更に緊張を増し、しかも日本はその緊張を自ら緩和させる気は全くなさそうです。そのことが今後、経済面で、安全保障面でどのような展開になるのか、やはり憂慮せねばならないでしょう。

ひるがえって、国内では安部首相の靖国参拝を、国内のどれだけの人が賛同し、どれだけの人が批判的なのか、今のところメディアの報道からフェアーな情報は見えてきません。
でも、感触として、右傾の人はともかく、一般の人からも賛同する向きがあることが伺えます。
「いいんじゃないの」程度の賛同者は少なからずいるのではないでしょうか。
たぶん、そのような賛同者は上記のような靖国神社の背景というものをあまりご存じない可能性があります。
純粋に戦没者に対する慰霊と受け止めているのでしょう。
つまり安部首相の参拝の弁明を鵜呑みにしているのだと思います。

しかし、一般の方が「いいんじゃないの」という安部首相の靖国参拝を容認する気分の中に、今の中国や韓国の日本を戦争加害者として過剰な誹謗にウンザリしている向きがるのではないでしょうか。
中韓は戦後70年近く経っているにもかかわらず、今なお反日教育がまかり通っています。
ヨーロッパで今、反ドイツ教育などしているでしょうか?
美枝子が友人達と中国に旅行に行った時、わざわざ中国人が日本軍に虐殺されたという場所に連れて行かれたようです。
美枝子さんは純粋に手を合わせたようですが、不快感を示す日本人もいたと聞きます。
其のような中韓の、戦争体験の材料にして今尚日本を卑下し続けるいることに、日本の一般人が辟易していることは十分感じられます。
中韓が、自国の世論の矛先をそらすために、悪者として日本を餌食にするかぎり、日本の一般世論が安倍政権の靖国参拝のような右傾化を容認してしまうのではと、私は思えます。
靖国参拝による挑発行為は、そのような日本世論の雰囲気を捉えた上での策略だと思います。
安倍政権は国交正常化など考えておらず、緊張させる方向を選んだからこそ、靖国参拝したのでしょう。

今回の安部首相の靖国参拝にいち早く「失望」の意を評したのはアメリカでした。
日中韓の和解を取り持つことが出来るのは、もうアメリカしかいないでしょう。
力は衰えてはいますが、アメリカは今も覇権国です。
しかし勿論アメリカは自国の益になること、正確に言えば多国籍企業の益になること以外はしません。
軍需産業にとっては日韓はともかく、日中が緊張関係にあり、軍事費を上げてくれることは願ってもないことです。
TPPなどで多国籍企業の餌食にして、かつ兵器を売りつけたい、でも戦争に巻き込まれるのは困る、そこら辺がアメリカの本音なのかもしれません。
中国共産党にとっても右傾化した日本は、自分たちの必要性を誇示できます。
しかし緊張が増せば貿易や投資が冷えて、互いに衰退してしまうことは一昨年の反日暴動で実証しています。
経済的には日中韓はのっぴきならないぐらい親密なのです。

日中で戦争はあるのでしょうか。
どの国も本当は戦争はしたくないように思えます。
中国は国内の問題が山積しており、もし戦争を始めたら崩壊しかねない。
経済的にも内需拡大政策に舵を切り始めたところで、新しい政権が安定するには暫く時間がかかるし、アメリカの支えも必要です。
FETに批准した韓国はアメリカの多国籍企業に食い散らされて、実体経済はボロボロだと聞きます。
アメリカもアフガン戦争、イラク戦争で疲弊しました。
シリアの内戦には、結局世論の反対で参戦しませんでした。
同盟国日本が中国と戦争するのは大きな迷惑です。
集団的自衛権の拡大解釈はアメリカのほうが警戒しています。
でも、もし戦争が始まったら、どの国も負ける訳にはいかないのですから、もしかしたら最後まで行ってしまうかもしれない。
それがどんなに悲惨なことか、先の戦争や、アフガン、イラクを思い起こしてみてください。
その事はどの国も承知しているのに、平和のために軍事費を上げて緊張をあおるなんて本末転倒です。

安倍政権、自民党が今一番考えているのは政権の維持、権力の座を確固たるものにすることのように思えます。
嘗てのように自民党が失脚したようなことは二度と繰り返さないと思っているはずです。
その為には、多分なんでもやるでしょう。
権力を維持するために、日米同盟を強固にするために、隣国と緊張を煽り、兵器を買い、辺野古を埋めるでしょう。
その権力執着の延長に日中の緊張を煽るために靖国参拝があったのでしょう。
既得権益を手放したくないアメリカ、日本の官僚、企業が彼らを支えるでしょう。
自民党政権は、地盤を確実にするために教育まで手を付け始めています。
従順な、政府の言うことを鵜呑みにする、無自覚、無関心な、血税を収め続けてくれる、都合の良い国民の育成、、、、

いったいいつまでそれは続くのでしょう。
いったい、いつになったら国民は気づくのでしょう、、、、、
今の社会システムに自分が利用されていることに、、、

多国籍企業が日本を食いつぶすまで、、、
アベノミックスが崩壊するまで、、、、
世界恐慌が来る日まで、、、
それとも、戦争でボロボロになるまで、、、

まだ間に合う!
日本は震災や原発事故にもめげずに、強い底力を持っていると感じています。
そして、何よりも「叡智」「知恵」「頭脳」「胆力」「ストック」に恵まれている。
新しいライフスタイルのヴィジョンを、フロンティア精神をもった先人たちが、どんどん提示しています。
もうすでに新しいライフスタイル雛形は、あちこち地域で実験され、可能性を開示しています。
企業や政府によって捏造された今の日本のシステムの矛盾、幻想を看破し、それぞれが自分の本当の生き方を見つけていく。
自分がこの世に生まれ、この世を謳歌して生きることはどういうことなのか、それぞれが気づくこと、、、、
それが、今の社会を変えていくことになる。

長い歴史の流れを見ても日中韓は分け難く、文化や宗教を分かち合ってきました。
どの国も成長した民主主義の実現し、そして東アジアが平和を享受しながら、文化を分かち合う日が、いつかきっと来る、そんなことを考えていたお正月でした。

ウォン・ウィンツァン
2014/01/03
[PR]
by wtwong | 2014-01-03 17:06 | essay
「約束の花」
f0236202_1213206.jpg

約束通り、その部屋は光とお花にあふれていた

「みなさま、ありがとう。ピンクよ!世の中を明るくね! ベティ」
彼女がピンクのペンで書き残した最後の言葉だ。
皆からベティと呼ばれていた彼女は、その人柄からみんなに愛されていた。

1939年、今の韓国で生まれ、敗戦とともに壮絶は「引き揚げ」を体験した。
筆舌に尽くしがたい引き揚げの体験から、生き残ったものとして、戦争を語り継ぎ、平和を語ることが使命と感じ、同じ教師の夫と今日まで教師活動やボランティ活動を続けてきた。

しかし別れはいつかやってくる。
ベティが運命を受け入れ、死への屹然とした態度は、そんな戦争体験が背景にあったのかもしれない。
気丈に振る舞い、死に向き合い、家族や知人との別れをしっかりと交わした。

「まぼろしの影を追いて、うき世にさまよい、うつろう花にさそわれゆく、汝が身のはかなさ、、、
春は軒の雨、秋は庭の露、母はなみだ乾くまなく、祈ると知らずや、、、」
亡くなる直前、残された最後の力を振り絞り、家族たちと歌った曲、、、

「離れることが、こんなに辛い事か、、、
離れて待つことがこんなにも切ないのか、、、
愛することの少なくして、
こんなにまで多く愛されたことへの感謝と恩返しに、
これから残された私の時間を精一杯生きます
いつまでも一緒に生きてください
お体の無事をお祈りしております、、、、」

こんな切ない愛情いっぱいのラブレターを、夫に送ったのはいつの頃だろう、、、
しかし、それでも運命からは逃れられなかった、、、
いや、この部屋から光と花が失われない限り、ベティは永遠に家族とともにいることだろう

2013年12月7日、74歳で旅立たれた黒瀬禎子さんとご家族に、謹んで哀悼の意を表します。
ウォン・ウィンツァン
2014/01/02
[PR]
by wtwong | 2014-01-02 12:13