<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<安倍晋三の「戦後レジームからの脱却」とは、対米隷属の強化のこと>

 安倍晋三による「戦後レジームからの脱却」って、右傾化による対米隷属からの自立なのだろうか?アメリカ側からの忠告もものともせず靖国参拝を強行した。中韓との対立を米国が望む以上に緊張させたりしている。それらの強気からそう思っていた。側近やお友達の対米挑発発言も後を絶たない。

 戦後レジームとは、戦後アメリカが日本を支配するために押し付けた体制だ。そこからの脱却とは、あたかもアメリカからの自立を目指しているかのように思われ、日本の右翼やネトウヨからの支持を得ることが出来た。民主党の為体に失望した一般国民も安倍政権の暴走を容認した。

 でも、どうも違うみたい。最近になって河野談話の見直しはしないと言ったり、ハーグで歴史を直視する姿勢をアピールしたり、国際世論をなだめるのにやっきだ。安倍晋三の本心はナショナリズム、国粋主義であることは確かだと思うけど、それを押し通すほどの気概はない。本物のナショナリストではないということだ。

 実は己の権力を維持するためには対米隷属をより徹底するしかないと考えているじゃなかろうか。アメリカの思惑よりも行き過ぎてしまった右傾化を、今は鎮静させるのに腐心している。いや、行き過ぎた右傾化も、実はアメリカ側の指示だったのではないだろうか、、、

 戦後レジームからの脱却とは、アメリカの日本支配の3点セット、「日米安全保障条約」「日米地位協定」「日米原子力協定」を改正することだが、安倍晋三がやっていること、やろうとしていることの全てがそれらを強化する方向だ。いや、安倍がやっている全てがアメリカからの要求に沿ったものなのだ。

 特別秘密保護法、武器輸出解禁、憲法改正による立憲主義の破棄、9条の破棄による戦争の出来る国へ、自衛隊を国防軍へ、アベノミクスによる新自由主義的構造改革路線、TPPの推進、原発の再稼働による原子力協定の維持、集団的自衛権行使によるアメリカの戦争への加担、これら全てアメリカが安倍政権に要請したもの、しているものなのだ。アメリカ軍需産業と多国籍企業の要請を、安倍政権は忠実に実行しているのだ。辺野古移転など、勿論日本側からアメリカへのプレゼントも多い。

 つまり、アメリカにとって戦後、日本に押し付けたレジームは、今や邪魔で都合の悪いものになってきていて、アメリカの国益をより強化するために、新たなレジームを押し付けようとしている。そして安倍政権はそれを具体化するための対米隷属政権にほかならない。日本の政府や官僚は、権力や既得権を維持するために対米追従が全てだ。日本のことなど考えていない。

 アメリカという国は国益のためならなんでもする。それはこの100年、南アメリカやアフリカやベトナムや中東にしたことを検証すればよ〜〜くわかることだ。アメリカは数年ごとに大きな戦争を起こさないと、軍産共同体を維持できないのだ。アメリカを支えているのが軍需産業なのだ。自国産業が潰れないようにするためには同盟国に戦争を起こさせることなど当然やるだろう。戦後70年、平和裏に繁栄したのはアメリカのおかげだぞ、膨らんだ日本の富をそろそろ差し出せと、アメリカが恫喝しているのだ。

 今、安倍政権に代わる政治家がいないとよく言われる。少し頭のいい政治家なら、いま政治をすることは、日本を陥れる役割をアメリカや官僚から押し付けられることぐらいわかるからだ。安倍晋三はある意味貧乏くじをひかされた存在なのかもしれない。アメリカと日本官僚と財界トップに利用しつくされて、日本を陥れた売国奴として歴史に汚名を残すかもしれない。

 日本の右翼も左翼も、リベラル中道も、無関心層も、其のことに気づかない。このまま行けば日本はアメリカにしゃぶり尽くされて、戦争やグローリズムで疲弊し、ボロボロになって、二度と立ち直れないぐらいの小国になってしまうだろう。

ウォン・ウィンツァン
2014/03/26
ーーーーーーーーーーーーーーーー
(wikiより)「戦後レジーム(せんごレジーム)とは戦後に出来上がった政府の体制や制度。現代の日本では主に、第二次世界大戦における日本の降伏後、出来上がった日本国憲法を始めとする法令・政府・国体を意味する言葉として使われている。
安倍晋三によって進められている“戦後レジームからの脱却”とは、今の日本の基本的枠組みの多くが時代の変化についていけなくなったことから憲法改正をはじめとした改革を行うという事である。」
[PR]
by wtwong | 2014-03-26 07:27 | essay