<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0236202_9262079.jpg


 人間は「求める」存在です。生まれたばかりの赤ちゃんが、乳房を求めるように、求めることはとっても原初的な衝動だと思います。でも、成長するに従い、この社会で「求める衝動」は様々な条件にさらされます。

 皆さんは「駄々をこねる」体験がありますか?「おかあさん、これ欲しいの、頂戴、チョウダイ、ちょ〜〜うだ〜〜〜〜い!」ってやつですね。そんな時、お母さんは、「ダメよ、こんな甘いもの、からだに悪いでしょ」とか「こんな高いもの、買ってあげられません」とか答えるでしょうか。子供がお菓子やおもちゃを欲しがるのは、ただの欲望かもしれないし、それこそ原初的な、魂からの希求なのかもしれない。

 もしどんなに本気になっても、求めるものが与えられないことが続くなら、その子が受け取るメッセージはどんなものでしょう。「どんなに本気に求めても、欲しいものは得られない」という事になるかもしれません。その子は「夢は実現しない」と無意識の中に刻印されてしまうのかもしれない。

 逆に本気でもないのに、すぐに与えられてしまったら、その子は「欲しいものは何でも手に入る」とインプットされるのかもしれない。本当はそんなに欲しくもないものでも、要求すれば与えられる。ただの我儘になるかもしれないし、求めることをしなくなるかもしれない。自分が本気で求めているものが何であるのか、わからなくなるかもしれない。

 たとえ体に悪いお菓子でも、ちょっとぐらい高いおもちゃでも、もしその子が「本気」!になって求めているのなら、今の私なら、子供に与えてあげたいと思うのです。ただ、どこまで本気になっているのかを判断することも、なかなか難しいことではありますが、、、、

 私が小学生2.3年生頃の、とっても情けないエピソードが有ります。私はある楽器が欲しかった。どこかで見たのでしょう、その楽器は、こんなふうに胴が膨らんでいて、ながい柄があって、そこには弦のようなものが張られていて、その楽器がほしい、ほしい〜〜。ほし〜〜〜〜!!そんな私を祖父はニコニコして見ていました。そして、ある日、祖父はわたしにその楽器を買ってあげたのです。私はどんなに喜んだことでしょう。梱包されたその楽器をワクワクしながら開けてみました。そしてそこに現れた楽器は「マンドリン」というものでした。私は頭が真っ白になっちゃいました。なぜなら私が求めていたのは「ギター」だったからです。www

 私はマンドリンをちょっと触っただけで、放り出してしまいました。その時の私の気持ちはどういうものだったでしょうね。私はそんなエピソードから、どんなメッセージを受け取ったんでしょうね。www 例えば「要求しても、与えられるものは違うもの」とか、、、www その後の私の人生の様々な局面で、その体験は大きく作用しているのではないかと、この数日、思い起こしています。悲哀とともに、、、www

 人間は「求める存在」です。求めることは人間の本質です。欲望かもしれない。魂からの希求、宇宙的な次元からのメッセージ、、、私たちの人生を導く道標でもあるのです。「求める」ことで始まる様々なエピソードから、どれだけ深いメッセージを受け取ることだろう、どんなにその人の人生に深い影響をあたえることだろう。そんな様々なことに思い馳せると、感慨と悲哀と滑稽感がないまぜになったような溜息が出てきてしまいます。
[PR]
by wtwong | 2014-05-22 09:19 | essay
この数日の間に、対極的なふたつのexhibitionを見た。
ひとつは京都、西陣織の老舗、誉田屋の10代目、源兵衛氏の帯の世界。

無形文化財とも言えるような高齢の職人たちによって、希少な古箔で織られた、それは静謐で精緻な、この世のものとも思われない織物を目の当たりにして、魂が震えるほどの感動を覚えた。

もう二度と同じものは作れない、たったひとつしかあり得ない。

西陣織の技法を現代にリメイクして、熟達のいきの最後の段階にあるような職人たちの精魂をかけて、腐食して鈍い光を放つ古箔を、命がけで縫い上げた「帯」!!

それを見るものの作品への向き合い方までも追い詰めるような鬼気迫るものがある。
いや、実際に追い詰められたのだ。

「お前はこの作品から何を受け取ったのか、、、?」と、、、、
「お前は、お前の作品に、いったい何を注いでいるんだ、、、?」と、、、、

f0236202_0115927.jpg

[PR]
by wtwong | 2014-05-02 00:11
あくまでも妄想のストーリーですが、、、、

オバマが日本に来たのは、安倍晋三にTPPの妥結をプッシュするのが目的。オバマは大統領選の時、多国籍企業から多額の援助を受けている。なのでオバマは多国籍企業に恩を返すために、TPPの営業、と言うよりは、日本に押し付けるためにやって来た。「晋三よ、TPPを妥結しないと、お前も俺も後はないぞ、、、」

晋三も実はTPPを妥結したい。晋三を支えているのは、日本の多国籍企業、経団連のトップ達。「バラクよ、それはわかっている。でもTPPはISD条項やラチェット条項など、日本の一部の国民が勉強しちゃってるから、簡単に妥結したら私もヤバイのよ。だから日米同盟の強化という、すり替えが必要なのよ。」

中国の脅威から日本を守るには日米同盟の強化が必要?でも、中国の脅威に火をつけたのは、尖閣問題も、靖国問題、慰安婦問題、南京問題も、ぜ〜んぶ日本からじゃない。自分から火をつけて、その火を消すには日米同盟が重要。だからTPPをアメリカにプレゼントして、アメリカに守ってもらいましょう、って日本の国民は納得しちゃってるの?TPPも、集団的自衛権も、憲法改悪も、特別秘密保護法も、武器開発輸出も、自作自演の中国の軍事的脅威に対抗するために必要?

「晋三よ、もともと安保条約ってあるんだから、共同声明に確認したって言えば、あとは御用メディアが盛ってくれるさ。でも戦争になったら助けるなんて約束できへんよ。だから、これ以上中国を刺激するな。アメリカ世論から、安倍を何とかしろって、言われてるんだから。「晋三に釘刺した」ってのが俺としては日本に来た成果の一つにしたいわけよ。今のアメリカ多国籍企業にとって日本と中国が戦争になるのはハッキリ言って困るわけ。どっちにもいい顔したいし、、、。でも日中が仲良くなるのも困るわけ。日本に武器売りたい軍需産業からも選挙資金もらってるし、、、」

「はいはい、わかってるって、バラクよ。適当にやるわよ。でも中国の脅威はまだまだ必要なの。日本の憲法は立憲主義なんて、めちゃウザいわけ。民主主義なんて経済原理主義にとって邪魔。ハッキリ止めたいわけ。改憲するには中国の脅威って都合がいいわけよ。もちろん中国市場っておいしいから本気で対立なんかしないわよ。そこんとこ、近平ちゃんにもよろしく伝えてね〜」
[PR]
by wtwong | 2014-05-01 20:28 | essay