<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新しい二枚組のCDの予定していたタイトル「レインボードラゴン」は「青の龍(Blue Dragon)」に変更になりました〜〜www
リリースは8月中旬ですね。ジャケットアートは、草場一壽さんの陶彩画「竜宮からの使い」で〜〜す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Rainbow Dragon (虹龍)」
(草場一壽氏とのコラボレーションについて)

私たちの住んでいる世界は「光と影」の世界だ。
具象の次元、三次元の世界では「光」があれば、必ず「影」がある。
どうしょうもなく「影」があるのだ。

しかし非具象の次元、超越の次元には「光」しかない。
「影」というものがない世界があるのだ。
私たちは奇跡的にその世界を見ることがある。
深い瞑想体験や、臨死体験などで、光の世界をかいま見てしまうのだ。
そこでは全てが光りに包まれている。
強烈な光のビームをまとった、まるでギリシャ神話に出てくるような人格神が、私たちに微笑みながら、振り返るだろう。
そして、圧倒的なエクスタシーの中で、歓喜にうち震えるだろう。
ある人達はそれをピーク・エクスペリエンス(至高体験)と言う。

しかしそんな奇跡はとっても稀有なことだし、生身ではそこに居続けることは出来ないのだ。
私たちは奇跡を目撃し、そして否が応でも「光と影」の世界、「現実の世界」に連れ戻されるのだ。
そして、それからの人生は、その奇跡的な体験を追い求めて、永遠に「光の世界」に憧れ続けるのかもしれない。

陶彩画家、草場一壽氏の作品には「影」がない。
彼は完璧な筆使いと、揺るぎないフォルム、そして有田焼の伝統技術を革新し続けながら「光の世界」をその作品に具現している。
彼の執念の起点には「光の世界への圧倒的なあこがれ」があるのだろう。
作品の制作の忘我の只中で、光りに包まれて、身悶えしているのかもしれない。

私の音楽といえば、相変わらず、その音律から「かげり」を払拭できずにいる。
どうしょうもなく「影」というものが表出されてしまうのだ。

「光と影の世界」にさまよう人間にとって、草場氏の作品に強く惹かれながらも、いささかまぶしく感じられる。
チベットの死者の書に、人間は死後、49日の間、魔界をさまよった後、圧倒的な光に恐れをなして、現実の世界に戻って来てしまうのだ、と書かれている。
恐れなければ「光の世界」に入ることが出来たのに、恐れのために、再び現実の世界に戻り、輪廻転生を繰り返すと言うのだ。
私は草場作品の圧倒的な光に恐れをなしているのだろうか、と自嘲ぎみに我を振り返ったりしてみるのだが、、、、

光の世界にいる草場氏が、なぜか、未だに「光と影の世界」にさまよっている私と一緒にCDを制作したいと申し出てくれた。
なぜ私などと一緒にやりたいと思ったのか、問いただすと、長い間私の音楽に憧れていたと言う。
私とコラボレーションをしたいという想いはとても強いと感じられた。
光の世界に生きる草場氏は、存外「影」というものに惹きつけられているのかもしれない。

我が<さとわミュージック>の秘蔵っ子デザイナー&アート・クリエイターの美枝子さんが、そんな二人の仲介役となって、素晴らしいCDジャケットを仕上げつつある。
CDのタイトルは「Rainbow Dragon (虹龍)」となった。
美枝子さんのカリグラフィーは私のCDには無くてはならない「顔」になりつつある。
今回も是非楽しみにして欲しい。

昨年2013年の10月に、コンサートのリハーサルを兼ねて、録音されたインプロヴィゼーション(即興)のストックがある。
CD「月の音階」で提示された今の私の音楽性を、より鮮明に、より迷いの少ない演奏で、いつか何らかの形でリリースしたいと目論んでいた。
今回、草場氏がコラボレーションの申し出があったとき、そのことがすぐ頭に浮かんだ。
編集やマスターリングを進めてく作業の中で、なかなか一枚のCDにまとめることが出来ず、結局二枚組となった。
自分の音楽への執着が強く、どの演奏も捨てられなかったのだ。
どの演奏も、私の「命そのもの」だと感じている。

さて、草場氏や、彼の事務所である<今心工房>のスタッフは、私の希望を全面的に受け入れ、ネガティブな波動を一切感じさせないでくれている。
やはり「光の世界」に住んでいる人達なのかな、、、
お陰で、作業は順調に進んでいる。
「Rainbow Dragon (虹龍)」は、7月中か、遅くとも8月にはリリースされるだろう。
是非、草場作品によるジャケット、美枝子さんによるカリギュラフィとデザイン、そして私の音楽を、皆さんに堪能してもらいたい。
(草場氏、今心工房のスタッフの皆さんに心から感謝を込めて、、、)

ウォン・ウィンツァン
2014/06/21
[PR]
by wtwong | 2014-06-22 23:53
「コンサート直後の魔」

 コンサートというのは、特別の時間、日常から離れて「あっちの世界」に行っちゃう行為です。2時間強の間、地上を離れているんですね。コンサートの前から、リハーサルや瞑想をしながら、徐々に高めていって、本番で意識をあっちに飛ばすわけです。その特別な儀式のハイライトがコンサートなんですね。

 で、コンサートを終えた直後は、虚脱状態になっちゃいます。人間として使い物にならなくなります。一番大変なのが実はサイン会や懇親会なんです。コンサート直後に皆さんとお話したりするのは大好きですし、CDを販売するためにはサイン会は欠かせないのです。でも、サインをしたり、皆さんと会話したり、写真を撮ったりしていますが、はっきり言ってウォンさんはそこにいません。そこでお会いした人が誰だったか、なにを喋ったか、ほとんど、と言うよりは、ほぼ完全に憶えていません。よく「あの時サインをしていただきました」とか「ウォンさん、あの時お願いしたじゃない」とか、申し訳ないんですが、全く覚えていないです。ごめんなさい。

 実はなにを演奏したか、その演奏が良かったかどうかも記憶に無い。あちらの世界の出来事ですから、この世に持ち帰れないんでしょうね。なので録音は欠かせないんです。後でチェックするために、、、ステージでなにを喋ったかも覚えていないのですが、お話は聞き返しません。演奏はともかく、おしゃべりは何故か聞き返したくない。自分の話や声が好きじゃないみたい。

 美枝子さんやスタッフは、私が演奏直後、虚脱状態でトラブルを起こしやすことを理解しているので、しっかりケアしてくれています。それでも問題を起こします。いろいろ問題を起こしていますが、一番ひどかったのが一昨年の左手の骨折です。あれは浜離宮朝日ホールでのコンサートの次の日の朝の4時でした。

 これでもコンサート活動を始めた頃よりははるかにクールダウンできるようにはなっています。あの頃は、打ち上げでメチャクチャになったり、ドンチャン騒ぎしたり、家に帰っても寝られないくて、大変でした。ヨーガや呼吸法や瞑想も、あの頃は効力がなかったですね。今はだいぶ着地がうまくなったと思っていたら、骨折しちゃうし、、、魔が差すんでしょうね。

 ですので、大変申し訳無ですが、コンサート直後にお会いしたこと、お話したことは、先ず覚えていないとご理解ください。この件で、皆さんい大変な失礼をしていることが多いことは承知しています。この場で謝罪するとともに、今後は、はい、当てにしないでください。wwwよろしくお願いします。m(__)m

 尚、コンサート前や後で打ち合わせをしたいという方がいらっしゃいますが、スタッフがお断りしているのは、上記のような理由です。ご理解くださるよう、よろしくお願いします。

ウォン・ウィンツァン
2014/06/14
[PR]
by wtwong | 2014-06-14 11:35 | essay
f0236202_2045647.jpg

 どんな人も、それぞれの人生のテーマのようなものを抱えていると思う。それはそれなりにヘビーなことなので、意識的に無自覚であったり、隠蔽したり、盲目的になったりする人が殆どだ。でもどんなに隠蔽しても、そのテーマ自体が消えたわけではないので、人生のあらゆる場面で、それに振り回されて苦しみを増幅させてします。そうやって人生を終えてしまう人がほとんどのような気がする。

 でも、その事に自覚的になろうとする人は、もがいたり苦しんだりしながらも、アクションを続け、何とかクリヤーしようとする。そのアクションは、意識的であったり、操作的であったりしても、どうも的はずれなことが多い。意識や操作は、所詮人のなせる技、人間の浅知恵だから、どこかピントがずれちゃうんだろうな。
 
人生のテーマに最もダイレクトに触れていくのは「たましいから沸き起こる情動」に身を任せるようなことになるのかもしれない。「たましいから沸き起こる情動」こそが宇宙のメッセージだ。宇宙が指し示す道標。宇宙がわたし達を、ある「約束の場所」へ呼び寄せている、その誘いは「たましいから沸き起こる情動」になって、わたし達を呼んでいる。私の師匠、故吉福伸逸氏が「惹きの力」と呼ぶものは、そういうことのような気がする。

 そんな情動に導かれるようにアクションを続けていくうちに、いつの間にか「人生のテーマ」にダイレクトに向き合い、クリアーしてくものだと思う。「たましいから沸き起こる情動」はそれなりに無謀だったりするので、勇気がいる。何かを失うこともあるだろう。でもきっといつか統合されて、着地するものだと思う。そして、開放して、たったひとつしかない命を生きられるようになる。一度きりの人生を生きられるようになる。恐れずに向き合っていきたい。
[PR]