<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<「あなたの人生の物語」を読んで>ブログ:ウォンウィンツァン
f0236202_21194636.jpg

 久しぶりにSF小説を読みました。
見逃してしまったSF映画「メッセージ」が気になっていたんですね。
最近、宮台真司がその映画を評価していたのですが、ようやく世の中的に「こういう考え方」が認められ始めたのかな、と私は上から目線印象です。ww
でも彼の解釈を、そのまま鵜呑みにして、解った気になっても危ないので、そのうちDVDやBDで発売されるだろうけど、Kindle版で原作をDLしました。

 原作の題名は「あなたの人生の物語」です。
最後は、感動してウルウルしてしまいました。
ストーリーは地球外生命とのコンタクト物ですが、中心的なテーマは人生哲学です。
「もし、自分の未来を予め知ることになったなら、あなたはどうするか?」
あなたはある男性と結婚し、子どもを産み、その子どもはいつか事故で死ぬことになり、その男性とも離婚し、そして死ぬまでの未来の物語をすべて知ったなら、その後、あなたはどう生きるだろうか?

 未来予知や時間旅行はSFの古典的なテーマです。
あの大ヒットした「君の名は」は未来の危機を知った主人公が、村人に知らせることによって救う物語でした。
「バック to フューチャー」や「ターミネーター」も過去の書き換えによって未来を変えることがテーマでした。
でも「あなたの人生の物語」では未来を書き換えることは出来ません。
知ることが出来るだけなのです、、、
そのような設定の「メッセージ」は娯楽映画としては成功しにくかったかもしれません。

 映画「メッセージ」はスピ系の映画だと解釈する人も多かったようですが、スピ系の人たちの間でもさほど話題にはなりませんでした。
80年代後半、バシャールなどが紹介され始めた頃、「偶然はない、全ては必然なんだ」という言説がスピ系の人たちの間に広がりました。
それはそれでとっても説得力があり、私も感化されたし、今もそう考えています。
私の人生は、必然であり、自分で意識されようが、されまいが、全て自身の選択なのだと。
そのような考え方は、物事に積極的に関わるモチベーションになりました。
自分の行動、人生を自分で責任を持つことになったわけです。

しかし同時に、自分以外、他人事に対してとても冷淡にもなっていきます。
国外で戦争が起きて多くの人が亡くなっても、それは彼等の選択なのだから、とか、、、
天変地異で亡くなった人たちに対しても、彼等のカルマだから、とか言った感じです。
共感感覚が希薄になっていったのです。
なので彼等は社会活動には消極的になりました。

例えば、「あなたの人生はもう予め全て決められている。貴方の自由意志はない」としたらあなたはその後どう生きるでしょう。
何をやっても、それは予め決められたことなら、あなたはあなたの選択に責任を持たなくて良いことになります。
それはあなたの選択ではないのだから、、、
例えば、未来を予知し、三年後に戦争が起きることが分かっているのに、それでもあなたは反戦デモに参加するのだろうか?

 「あなたの人生の物語」の主人公はこう言います。

「残る 生涯、 たんに 事象 の 波 に 揺ら れ て 歩ん で いく のでは なく、〝 それら(宇宙人)〟 の よう に 事象の 必然性 の なか に わが身 を 浸し こむ こと が でき た かも しれ ない。」

「そもそも の はじめ から、 わたし は 自分 の 運命 を 知っ て い た し、 当然 の もの として その ルート を 選び も し た。 けれど、 わたし が めざし て いる のは 歓喜 の 極致 なのか、 それとも 苦痛 の 極致 なのか?   わたし は 最小 と 最大 の どちら を 成就 する の だろ う か?」

私たちはSFのようには未来を予知できません。
勿論、占いや占星術、預言者という人もいるし、科学的な根拠から未来予測することも可能です。
でも、やはり未来は、永遠に未来であり、未知です。
出来事が起きて、はじめて未来は現在になり、「未来を思い出す」のです。
それらの未来を、もうすでにあなたは知っていて、思い出すように体験するのです。

「 しんぼう し て い た ま え。 諸君 の 未来は、 諸君 が 何者 で あろ う と、 諸君 の こと を よく 知り、 愛し て くれる 飼い犬 の よう に、 諸君 の もと に やってき て、 足下 に 寝そべる だろ う」カート・ヴォネガット

あなたの人生の物語 テッド チャン https://www.amazon.co.jp/dp/B00O2O7JEA/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_3meKzbDM3DC8W @amazonJPさんから
[PR]
by wtwong | 2017-08-13 21:20
<ピアノ演奏するための、手や指の大きさや強さ>
f0236202_1212154.jpg

 ピアノって、そもそも西洋人が作ったものなので、彼らの手の大きさを基準に作られている。
彼らにとっては10度(ドからオクターブ上のミ)の和音なんか当たり前、リストなんか12度ぐらい押さえられたんじゃないかな〜
しかも鍵盤は重い、、、
コンチェルトなんかバリバリ弾くには、グローブみたいな手や指が必要だ。
私の手は、以前左手を骨折して、何とかやっと押さえられていた10度も、今は9度しか押さえられない。
しかも右手首は慢性的な捻挫状態を一進一退している。

 フュージョン系の音楽は、タイミングやリズムが命だ。
思うタイミングに思う強さで演奏するには、私にとってピアノの鍵盤は重すぎる。
リチャード・ティーみたいな演奏スタイルを真似しても、せいぜい一曲演奏したら指はボロボロになっちゃう。
それに、やはりコントロールしきれていない。
力がないので歯切れも悪く、演奏も納得いくものになりにくい。
ライブなんかは、無自覚に無理に力を入れるので、指がボロボロになって、その後一週間ぐらい使い物ならなかったりする。
だいたいドラムの音量に対抗しているのだから無理がある。
くやしい〜〜

 先日のライブに私は61鍵盤のシンセサイザーを持っていった。
シンセやアンプ、キーボードスタンドなど運び、セッティングするのも大変なのだが、生ピアノを弾くよりは楽だ。
エレピアノのサウンドも欲しかった。
ご存知のようにシンセはオルガンタッチなのだ。
ああ、なんて楽なんだ〜
最近のシンセの音質はエレピだけでなく、ピアノの音質も格段に良い。
なんだ!これでいいじゃん!!!
これからフュージョン系の演奏はシンセで行くぞ〜
某メーカーから88鍵盤のオルガンタッチのシンセが発売された。
今までは88鍵盤のシンセはみな疑似ピアノタッチで生ピアノよりは軽いとは言え、それなりに重い。
よし、これからライトタッチの88鍵盤のシンセで行きますよ〜

ライブを見に来たある辛辣な方が「シンセを弾いた後、生ピを弾くとボロボロね。軽いタッチばかり弾くと、ピアノが弾けなくなるわよ」
こんな辛辣なことを私に言えるのは姉貴ぐらいしかいないけどwww
余計なお世話だよ〜
世の中的に「ピアノはすばらしい、シンセはそれに比べ劣っている」とか「やはり生の音がいい、シンセは所詮デジタル、、、」見たいな言われ方は散々聞いている。
でもね、いいじゃん、それで、、、

 音楽は表現なんだよ。
それがアナログだろうがデジタルだろうが、伝えようとするものはそれじゃない。
演奏者の伝えようとするエッセンスは、アナログだろうがデジタルだろうが、タッチが重かろうが軽かろうが、楽器が良かろうが悪かろうが、関係ない。
伝わる時は伝わるものです。
それもすべて演奏者とオーディエンス次第です。

 人は加齢とともに肉体的に衰えていく。
でも目が悪くなればメガネをするし拡大鏡もある、足が悪くなれば杖を使ったり、車椅子に乗ることもある。
指が弱くなれば、重い鍵盤をやめて、軽い鍵盤にすれば良いのさ、、、、
それに、加齢すればたしかに肉体的には衰えるのだろうが、精神的な成長は止まらない。
旅立つその時こそが、最も成長の極みにいるものだ。
(成長を止めなければ、だが、、)
その時の演奏を、聴いてみたいじゃないか、自分で、、、www
[PR]
by wtwong | 2017-08-02 12:01 | essay