<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<年末のご挨拶、パパさんの旅立ち>
f0236202_09070899.jpg
 さて、今年も余すところ二日になりました。
今年も皆さんに、大変お世話になりました。
コンサートやワークショップも各地でさせていただきました。
皆さんの応援があって、活動が続けられています。
お陰で、毎日、幸せを感じています。
心から感謝しています。

 今年は今までになく激動の年になりました。
沢山出来事がありましたが、その中でも父の他界は、生涯の忘れがたい大切な体験となりました。

 昨年11月に父が転倒、大腿骨骨折で入院し、その後、今年の1月末に老人施設に入居、そして5月13日、97年間の生涯を遂げました。
病院にも施設にも、私達家族はほぼ毎日のように通っていましたので、みな疲労困憊していた矢先の旅立ちでした。

 父親との別れは、私達家族にとって、掛け替えのない思い出となりました。
亡くなる二日前、真夜中、私は父親と永劫の別れを交わしました。
父の両手を取って「もうすぐお別れだね。私たち家族が幸せなのはパパさんのおかげです。本当に感謝しています。ありがとう、パパ、、、」と話しかけました。
すると父は強く握り返してきて、目からは幾すじもの涙が流れていました。
母や妹や友人を看取ってきましたが、父との別れは、今までにない、ちゃんと向き合う中で交わした、魂の別れでした。

 そして亡くなる前日、私たちはホームでラストコンサートをしました。
パパさん、ホームに居るご老人たちや、その家族たち、そしてホームの職員に向かって、息子の美音志君、歌の枝元一代ちゃん、そして私で、最後の別れの演奏をしました。
父はちゃんと洋服を着替えて、コンサートを聴いていました。

 その翌日、5月13日、六本木でライブ演奏をしている最中、ホームから連絡がありました。
「呼吸に変化があり、至急ホームに戻って欲しい」、、、
私がホームに戻った時、美枝子が「パパさん、さんちゃんがもどりましたよ」と話しかけ、少し安心したようでした。
そしてその直後から下顎呼吸が始まり、もうすぐ別れが近いことが判りました。
私達家族は父をさすりながら、それぞれ別れの言葉を投げかけました。
それから30分ぐらい立った時、静かに息を引き取ったのです。
その時、私には魂が身体から抜けていくのが見えるようでした。

 私は今までに母や妹や友人、そして今回は父を看取らせてもらいました。
それらの体験は私の人生を豊かにしてくれています。
彼等からの大きなプレゼントだと、ほんとうに感謝です。
これらの看取りの体験をベースに、私の師匠、吉福伸逸さんの「死のワークショップ」を始めることにしました。
死ぬこと、看取ること、それらはいったいどのような体験なんだろう。
ワークショップでは、様々な角度から「死」や「見取り」そして「命」を考え、体験していきます。
今年だけで4回のワークショップをさせていただきました。
来年にはもっとブラッシュアップして、医療従事者などを対象にもワークショップをやっていきたいと考えています。

 さて、来年はどんな年になるか、とても楽しみです。
皆さんにおかれましても、幸せで健康な年でありますように、心からお祈り申し上げます。

ウォンウィンツァン
2017-12-30

[PR]
by wtwong | 2017-12-30 09:10 | essay
<ダイアローグについて>
f0236202_01260407.jpg
 ダイアローグと言う言葉が、多く一般にも聞かれたり、書かれたりしていますね。
演劇などで「二人以上の人の取りかわす問答。対話。会話」のことを言うのだそうです。
この演劇用語が、現代の閉塞感や分断を対話によって取り戻そうという試み対し、使われるようになってきました。

 私が最初に知ったのは「南相馬ダイアローグ」でした。
原発事故と放射能汚染、避難や帰還という、地域が大きく揺らぐ中、対話によってその閉塞感を乗り越えようと、市民たちの試みでした。
私も参加して、その熱い思いの中にいたのを昨日のように思い出します。
この時、その場を進行させたのは、よく訓練されたファシリテーターでした。
どんな対話もクリエイティブにするためには、どのように進行させるかが、大きなファクターだと思いました。

 その後フィンランドで始まった「オープン・ダイアローグ」という対話によって統合失調症など精神病などの回復を図ろうという試みが、大きく効果を上げていることが、世界の知ることになります。
ただ、タイトルを勘違いして、「開放的に対話すればいい」と思っている人も多いのがビックリ。
オープン・ダイアローグの実際は、セラピスト、カウンセラーが本人や家族たちと、毎日対話する場を持つことで、統合失調症などが改善される、と聞いています。
セラピスト、カウンセラーとは、訓練とスーパーヴィジョン、そして教育分析(心理カウンセラーが自分自身の成長のために受けるカウンセリング)を経て、自分の問題をその場に投影することがない人たちのことです。
自我の問題を抱えた人たちが、社会問題などをテーマに、限られた時間で、生産的な対話が出来ることは、まずないのです。

 またNVC(ノン・ヴァイオレンス・コミュニケーション)という、対話というものを通して、さまざまな国家間の問題を、超えていこうという試みも、注目されています。
それは「対話の不在」が社会を覆っていて、どうにも理解し得ない現状を何とか打破したいという思いから始まっているのだと思います。
本来は国家間のイザコザを対話の場を作って超えていく試みとして始まったと聞いていますが、実践している友人の話によると、国家間の問題の前に、個々人の問題にNVCは活躍しています。
NVCというタイトルから、とっても冷静な話し合いのような印象を受けますが、場合よっては激しい感情(怒り)の表出も認められています。
コミュニケーションを深くするためには、情動の問題を無視できないからのだと聞いて、とっても納得しました。

 さて、セラピーの世界では、以前からそのような試みはされています。
カウンセリングの開祖とでも言われているカール・ロジャーズは「エンカウンター・グループ」というワークを実践していました。
師匠・吉福伸逸さんもワークショップで「エンカウンター・グループ・ワーク」を導入し、私達も体験しています。

 それは二人、或いは数人のグループで、ただただひたすらにとことん話し合うというものでした。
ある特定の場所、特定の時間、二人が一緒にいるということからしか始まらない。
眼の前にいるその人と、言葉をかわし、何かが始まる。
テーマがある場合もあれば、ない場合もある。
お互いの話をする中で共感し合う場合もあれば、怒鳴り合うこともあるかもしれません。
 
 そこでは「人と人が出会うとはどういう事なのか」をとことん体験していきます。
吉福さんが残したアフォリズムに「出会わなければ、別れられない」と言うのがあります。
人は最後に別れるものだ。
(まず別れというものにフォーカスする感性は、吉福さんらしいのですが、、、)
しかし、別れるためには相手の本性に出会っていないと、別れた後に引きずったり、拘ったり、精神的には本当の別れができない、そんな意味だったと思います。

 ところで、相手の本性に出会うためには、実は自分自身の本性に出会う必要があるでしょう。
自分にウソをついている人が、相手の本性に出会うわけがない、、、

 さてさて、では、本性って、何でしょうね〜?

[PR]
by wtwong | 2017-12-16 01:26
f0236202_06223095.jpg
どんな人も、社会の何処かに、受容される場所がある
社会の何処かに、自分の立ち位置を見つけることが出来る。

社会の中で生きづらい人は多い。
私もその一人だった、、、
自分はアウトサイダーで、社会の中に生きられない、そう思っていた。
人は、否が応にも、社会の中に生きねばならない。
それを「社会内存在」というのだろうか、、、

私の師匠、吉福伸逸さんですら、社会の中で生きることを良しとしなかった。
彼は「世界の中にありながら世界に属さない」と言う言葉が好きだった。
彼の美意識だったと思う。
格好いいと思ったものだ。

でも、私は今、社会の中で生きていることに、違和感を感じなくなっている。
自分が生きるべき社会に生きているという実感がある。

「社会」と言う言葉は、とても抽象的で、曖昧だ。
実際は「社会」の中に、様々な小社会がある。
なんとか社会とか、なんとか業界とか、、、
様々なネットワークが人間社会にはある。
「社会」とは実に様々な、多様なネットワークを織りなしている。

自分が生きているネットワークと、自分の本性とが、そぐわない時、なんとも生きづらいことになる。
社会の中に生きづらいとは、自分の本性と、接している社会とがマッチしていないことなのではないだろうか、、、
人が社会の中に生きる時、社会的立場の仮面をかぶって、そこに擦り寄るように生きている。
でも、社会的仮面は、殆どの場合自分の本性にそぐわない。
「己の本性」にそぐわない社会的仮面をかぶり、この社会に無理やり自分の立ち位置を見つけて生きている。
それでは、いつか必ず社会との間に大きな齟齬をきたしてしまうのではないだろうか、、、

実は殆どの人は「己の本性」に直面していない。
自分自身のことを知ることなしに、社会の中に自分を位置づけているのだから、無理がある。

吉福ワークは「己の本性」に向き合う。
自分が何者なのか、ワークやゲームを通して気付かされていく。
社会的な肩書や、仮面、ペルソナの向こうにある、自分自身が何者であるかが判ってくる。

そうするとどうだろう、、、
自ずと、自然に、自分の生き方が見えてくる。
そして、社会の中の何処かに、これもまた自然に、自分が生きられるスペースが見えてくる。
多様な社会の何処かに、自分を受け入れてくれる小さな社会が見つけられるのだ。

どんな人も、社会の何処かに、受容される場所が必ずある。
社会の何処かに、自分の立ち位置を見つけることが出来た人は、なんて幸せなことだろう、、、
己の本性を見つけた人は、社会内存在として、幸せになれるのだ、、、

ウォンウィンツァン
2017-12-10

[PR]
by wtwong | 2017-12-10 06:24 | Poem