<内田達也氏との別れ>
f0236202_214227.jpg

                                                      (撮影:岩切等)

 大切な友人が、また一人、星になりました。
昨日の朝、8月26日午前5時、「光を世界へ」の最後のパートを歌ってくれた内田達也さんが、大腸がんのため死去されました。
確か52歳ぐらいだったと思います。

 私は前日の25日、朝一番早い便で福岡の病院に駆けつけ、タッチャンとの最後の別れを交わすことが出来ました。
午前中に病院に到着し、タッチャンに「ウォンだよ。東京から駆けつけたよ」と言うと、とってもビックリしていた。
そして、その日は、タッチャンと、奥さんのゆうこちゃん、中2の息子さんのみさとくんと、一緒に過ごしました。
午後の5時頃、「さあ、これから帰るよ」と言うと、タッチャンはひどく悲しい顔をして、それが私が見たタッチャンの最後の顔になりました。
真夜中の2時頃、ゆうこちゃんと、みさとくんから、最期の呼吸が始まったことを知らせてくれました。
私達家族は祈っていましたが、朝の5時頃、息を引き取ったのでした。

 ガンが発覚したのは今年の3月だったそうです。
5月に彼に会った時、あまりに痩せていたので、心配して体調を聞くと、その時はもうすでに末期であることを明かしてくれました。
私は友人の緩和ケアの先生を紹介し、その病院に入院、ストマなどの施術をして、一時は回復傾向でした。
食欲も取り戻し、退院したら、新しいCD制作に取り組もうと、私たちは話し合っていました。
彼の残されたフェイスブックを見ると、そんな想いでいっぱいです。

https://www.facebook.com/tatsuya.uchida21?ref=ts&fref=ts。

 しかし、今から一週間ほど前、体調が突然急変したのです。
何よりも本人が、驚き、受け入れがたかったことだと思います。
やり残したことが、あまりに沢山あったから、、、

内田達也氏は、シンガーとしての力量を、私たちは高く評価していました。
「光を世界へ」で最期のパートを歌ってもらったぐらいです。

「 光 を 世 界 へ ~ Yes All Yes ~ 」ウォン・ウィンツァン 初の作詞による平和へのメッセージ・ソング(Official Mu... https://youtu.be/B814KSBXDQA @YouTubeさんから

彼は、今までにシングルCDを二枚しかリリースしていません。

http://swbluemoon.com/?s=内田達也

 でも作曲家としても素晴らしい才能を持っていて、未発表の曲が沢山あるのです。
私たちの手元に、録音したものが数曲あるのですが、それも彼の理想には届いていないと、そのままになっているのです。
それらのストックを、形にして皆さんにお届けできるようにしようと考えています。
タッチャンの理想には届いていないかもしれないけど、、、

 タッチャン、君が残していった、ゆうこちゃんや、みさとくんや、曲たちを、私たちは大切にするからね、、、
天国から見守ってくれよな、、、
不肖な弟子へ、、、
タッチャンの師匠より、、、

ウォンウィンツァン
2017-08-27
[PR]