人気ブログランキング |

南相馬「いのちを大切にどう生きるか」ツアーリポート

福島駅に到着したのはお昼ごろ。早速線量計を見ると約0.9マイクロシーベルト/h(RD1706)。南相馬市までの車で移動中、線量は幾度となく上下したが、最高は2.1マイクロシーベルト/hをしめした。さすがに車中に緊張感がはしった。そこは飯舘村だった。車の中はこのぐらいだが、外は3〜4ぐらいにはなると言う。道沿いの民家には人の気配はない。飯舘村は計画避難区域に指定されている。こんなに広大な地域を除染など出来るのだろうか。住民は帰ってこれるのだろうか。台風のため、激しい雨が車を叩きつける中、車は南相馬に向かってひたすら走る。南相馬市役所に到着、櫻井市長と懇談。すごいパワーがある人だと思った。様々な話題をお聞きすることができた。ビデオに撮影したので、そのうち紹介したい。

南相馬市の図書館に到着。とても大きな立派な図書館。しかも絵本がとても充実していて驚いた。南相馬市は子供たちを大切にしていると思った。ここで絵本作家のいせひでこさん、柳田邦男さん、鎌田實さんによる、読み聞かせをする。読み聞かせがこどもたちの成長にとってどんなに大切か。私は小さなカンテレを持参したので、いせ女史の読み聞かせに参加させてもらった。いせさんはどんぐりの話。子供たちは熱心に聞いていた。蒲田さんや柳田さんの読み聞かせもちょこっと聞かせていただいたが、お三方とも本当に子供がスキなんだと思った。

さて、私は彼らと離れて、一足先に会場へ。会場準備のためにスタッフたちが待ち構えていた。会場は南相馬市民会館「ゆめはっと」。1000人規模の立派なホールで、ビックリしたのがスタンウェイのフルコンサートがなかなか良質、とても弾きやすかった。調律も良質、スタッフの動きも軽快、リハーサルは何のストレスもなく、無事終了。後は開演を待つのみ。

楽屋でのんびりしていると、入れ代わり立ち代わり、関係者が入ってきてお話をする時間があった。南相馬の方たちはとても人なつっこいと感じたのだが、スタッフたちだけでしょうか。彼らから断片的に、311以降、どのような実情だったか聞き始めた。今はいかにも明るくお話されているが、当初はほんとうに大変だったことでしょう。差し入れのホッキご飯とお漬物が最高。

6時15分、主催者の一人「つながろう南相馬」の進藤英治氏の挨拶。そして櫻井市長の挨拶。櫻井さんのスピーチに私は感動して、つい舞台袖に戻った市長に強い握手を求めてしまった。そして震災犠牲者に対して一分間の黙祷。私はその黙祷を受けて演奏したくなった。進行の方に「私の紹介はいらないから、そのまま演奏したい」とわがままを言ってしまった。突然の私のワガママに面食らったようだが、おかげでとても自然に演奏を始められた。約25分の演奏、「旅のはじめに」「運命と絆」「勇気と祈り」そして「浜辺の歌」「ふるさと」を演奏。静かな演奏を神妙に聞いてくださっていたが、トークでダジャレを一発やってしまったら爆笑してもらった。笑いって大事だな〜〜。

私の後は鎌田實先生のお話。低線量被曝について、チェルノブイリの体験を含めて、とってもエネルギッシュにお話されていた。絵本作家いせひでこさんは、ご自身の紹介を兼ねながら、ゴッホと宮沢賢治への研究を本にされたこと、そしてドングリが大好きなことなど、、、。最後は柳田邦男さんのお話。事故がなぜ起こるのか、飛行機事故や水俣を絡めながら、とってもリアリティーのあるお話でした。原発事故調査会、是非頑張って欲しい。みなさんのお話をもっとお聞きしたいと思った。

さて、打ち上げは「だいこんや」そこでは南相馬の皆さんから、311以降、どのようなことが起きていたのか、たくさんお話を伺うことができた。余りに多岐にわたる内容だし、一概に報告できない。原発事故直後のどさくさ。保証問題など東電に対する怒り。低線量被曝から子供たちをどう守るかというお話。汚染マップが出来たこと。除染作業をどうすすめるということ。如何に街を復興させるかという話。お互いを批判しあうのではなく、認め合って「ありがとう」が言えるということ、「つながろう南相馬」はそんな気持ちをベースに始まったこと。そして皆本当に頑張ってきたということ。最後は私のカンテレの演奏をバックに鎌田氏が詩の朗読。「日本中の人が1%を思いを持ち、それが集まれば、、、、」

さて、次の日は「つながろう南相馬」の高橋美加子さんに連れられて、原発20Kmのゲートの前や海岸沿いの津波被害の惨状を見に行った。瓦礫はかなり撤去されて、今は一面の草の原になっている。その中に無残に壊れた家がいくつか今も残っている。原発に併設された火力発電所も津波で廃墟のようになっているのが遠くに見える。海風を受けながら茫漠とした気持ちになってしまった。

南相馬は日本の最前線だと思った。帰りは須藤氏の車で、飯舘村を経由して福島駅まで送ってもらった。線量計はやはり高い数字を示していた。それを見ながら、再びもここに戻るときには、この線量計の値はもっと下がっていて欲しいと、祈らざるを得なかった。この南相馬の旅は私に多くのことを教えてくれた。たくさんの出会いもあった。私には何も出来ないけど、出来うる限り彼らの想いを皆に伝えていきたい。
by wtwong | 2011-09-23 13:37 | essay