人気ブログランキング |

美しい映画「風立ちぬ」

美しい映画「風立ちぬ」
美しい映画「風立ちぬ」_f0236202_4112965.jpg

 「風立ちぬ」を見たのは9月5日だったが、すぐには論評できなかった。なんとも言えない不満感、不全感が残ったのだが、それが何故なのかよくわからなかった。反戦映画でもない。それ的なセリフは多いし、戦争の矛盾を見抜く眼力もすごい。しかし面と向かって戦争を否定してはいない。そのための映画じゃない。恋愛映画として見るなら、たしかにその部分が一番比重が大きいように思えるけど、とっても淡泊。堀越二郎という人間の非人間性の描写としても、半端な感じは残る。飛行機マニア映画なのかもしれないけど、私にはわからない。例えば魚の骨から新しい翼を発案するところなどは、なかなかよかった。でもそれが描写したくて作られた映画じゃない。

 そして何よりも映像のどこをとっても美しかった。宮崎駿作品はいつも美しい。でも映像美だけでは映画にならない。なんだろう?と思いつつ、幾つかの論評を読んだり、youtubeのコメントを見たりしていた。それでも今ひとつ腑に落ちずにいた。矛盾の描写ということでは、戦争の矛盾、一人の技術者の抱える矛盾は描かれている。でもそのことで葛藤はない。そう葛藤は希薄なのだ。

 映画そのものの印象を大切にしたいと思い、パンフレットを見なかったのだけど、なにかヒントがあるかもしれないと思い、奥さんが買ってあったのを読んだ。そこには宮崎駿自身が書いた「企画書」が載っていた。思わず「なんだ!」と合点がいった。「風立ちぬ」はまさしく監督の企画書通りに作られている。寸分違わず企画書通りに作られた映画なのだ。

 そこには最後にこう書かれている。「描かねばならないのは個人である。リアルに、幻想的に、時にマンガに、全体に美しい映画を作ろうと思う」、、、そうだ、ほんとうに美しい映画だった。飛行機も、日本の家屋も、夢の中も、緑も、街の風景も、、、そして堀越二郎も、菜穂子も、登場人物すべてが美しい有りようだ。

 そしてようやく私の不全感がなんであったのか気づいたのだ。私が欲しいていたのは「醜さ」だったのだ。もう一度「風立ちぬ」を見に行こうと思う。「醜」を求めずに「美」だけを堪能しに行こうと思う。「美」だけの映画があってもいいではないか。その時自分がどのように感じるか、、、、やはり不全感か、それとも感動か、、、
by wtwong | 2013-09-27 04:12 | essay