人気ブログランキング |

バラク君と晋三ちゃんの会話の妄想

あくまでも妄想のストーリーですが、、、、

オバマが日本に来たのは、安倍晋三にTPPの妥結をプッシュするのが目的。オバマは大統領選の時、多国籍企業から多額の援助を受けている。なのでオバマは多国籍企業に恩を返すために、TPPの営業、と言うよりは、日本に押し付けるためにやって来た。「晋三よ、TPPを妥結しないと、お前も俺も後はないぞ、、、」

晋三も実はTPPを妥結したい。晋三を支えているのは、日本の多国籍企業、経団連のトップ達。「バラクよ、それはわかっている。でもTPPはISD条項やラチェット条項など、日本の一部の国民が勉強しちゃってるから、簡単に妥結したら私もヤバイのよ。だから日米同盟の強化という、すり替えが必要なのよ。」

中国の脅威から日本を守るには日米同盟の強化が必要?でも、中国の脅威に火をつけたのは、尖閣問題も、靖国問題、慰安婦問題、南京問題も、ぜ〜んぶ日本からじゃない。自分から火をつけて、その火を消すには日米同盟が重要。だからTPPをアメリカにプレゼントして、アメリカに守ってもらいましょう、って日本の国民は納得しちゃってるの?TPPも、集団的自衛権も、憲法改悪も、特別秘密保護法も、武器開発輸出も、自作自演の中国の軍事的脅威に対抗するために必要?

「晋三よ、もともと安保条約ってあるんだから、共同声明に確認したって言えば、あとは御用メディアが盛ってくれるさ。でも戦争になったら助けるなんて約束できへんよ。だから、これ以上中国を刺激するな。アメリカ世論から、安倍を何とかしろって、言われてるんだから。「晋三に釘刺した」ってのが俺としては日本に来た成果の一つにしたいわけよ。今のアメリカ多国籍企業にとって日本と中国が戦争になるのはハッキリ言って困るわけ。どっちにもいい顔したいし、、、。でも日中が仲良くなるのも困るわけ。日本に武器売りたい軍需産業からも選挙資金もらってるし、、、」

「はいはい、わかってるって、バラクよ。適当にやるわよ。でも中国の脅威はまだまだ必要なの。日本の憲法は立憲主義なんて、めちゃウザいわけ。民主主義なんて経済原理主義にとって邪魔。ハッキリ止めたいわけ。改憲するには中国の脅威って都合がいいわけよ。もちろん中国市場っておいしいから本気で対立なんかしないわよ。そこんとこ、近平ちゃんにもよろしく伝えてね〜」
by wtwong | 2014-05-01 20:28 | essay