魂のヴァイオリズムに身を任せて、、、

f0236202_11423417.jpg

 私は演奏者としては未熟なこともあって(謙虚でしょww)、良い演奏をするときもあれば、聴くに堪えない演奏するときもあります。いつも良い演奏をするとは限らないのです。当然、良い演奏を届けたいと強く思うわけで、日々努力をしているのですが、どうすることも出来ない場合も沢山有るわけです。そんなときにはお金を払って聴きに来てくれた方に、本当に申し訳ないと思います。謝罪!

 どんな時に良い演奏が出来き、あるいは出来ないのか、実はよくわからないのです。統合できないのです。ただ判っているのは、その時、その瞬間の自分(セルフ)が自分に重なっていない感覚というのはあるのです。それを魂のヴァイオリズムとでも言うのでしょうか。自分が自分に重なっていない魂の状態で演奏した場合、それはやはり最悪になるんですよね。

 例えばちょっとしたパーティーなどで最悪なデジタルピアノかなんかが置いてあって、演奏を望まれたりする場合があります。最悪ですよね。逆に最高のホール、最高のピアノが用意されている場合もあります。でも状況にはあまり関係ないんです。快く演奏しちゃう場合もあれば、全然弾く気にならない時もあります。全然弾く気になっていないのに、期待に答えたいという思いもありますから、ついついサービスしてしまうことも多々あります。そういう時の演奏は、やはり後悔が残るような演奏になっちゃうんですよね。逆に演奏する上でどんなに最悪な状況でも、魂が演奏したがっている時は、やっぱりいいんですよね〜

 このことに関しては本当に沢山苦い思い出があります。沢山エピソードがあります。魂が重なっていないのに、無理に演奏して、その後どうしょうもなく悔やむこと、、、けっこう有るんですよ~~今思い出しても冷や汗が出ます。

 今言えることは、どんなにワガママに思われても、嫌なことは嫌だということ。やりたくないと感じていることは、サービスしないで、ちゃんとやらないこと、、、このサービス精神というやつがとっても曲者で、無自覚にサービスしちゃ事ってあるんですよね〜 芸者のDNAが、、、(汗)、、、(備考:日本人の祖母は神戸の芸者さんでした。) 

 己の魂のヴァイオリズムに敏感になり、自分に嘘をつかないこと。どんなに他の人から見て気まぐれでワガママに思われても、自分のペース、自分の在り方、魂のヴァイオリズムに身を任せること、それがどんなに大切か改めて思う今日このごろです。
[PR]
by wtwong | 2016-09-28 11:44 | essay