<自分語りって、、、>ウォンウィンツァン

<自分語りって、、、>

f0236202_12440311.jpg

「問はず語り」とか「自分語り」という言葉があるが、

どんな人にも自分のことを語りたい気持ちって、フツフツとあると思う。

まあ、それが強い人と、それほどでない人もいるけど、、、


私の場合は、語りたいと思う時と、沈黙している時と、

その時その時、その時期その時期で、気分なんだよね。

自分のことを無性に語りたいときもある。

誰でもいいから聞いて欲しい。

FBやツイッターで、ともかく書いちゃう。


なにも語りたいとは思わない時もある。

そんな時は、語ることすら思いもつかない。

静かなんだけど、でも自分に無関心になっているということかもしれない、、、


自分語りをしたがる人を、世の中的には、承認願望が強い人、

自意識が強い人と見られがちだだよね。

自分語りがくどい人、どうでもいい内容の語りが続く人って、やっぱりウザがられる。

ナルシスティックに、自己憐憫や、自己顕示でいっぱいの人も多い。


でも、自分のことをウォッチングしている人たちもいて、そういうひとの「自分語り」は面白い。

きちんと自分に向き合っている語りは、共感を呼ぶことも多い。

ある一人のひとの感受性は、そのひと個人だけのものじゃない。

ひとりの問題は、だいたい他の人の問題に置き換えることができるから、、、


ある人に「ウォンさんは自分のことをオープンに語れて、羨ましい」と言われたことがある。

そうかもしれないけど、自分ではそうでもないと思っている。

私にも恐れがあるよ。

本当にオープンに語って、理解されるとは、あまり思っていない。

ちゃんと人に受け入れやすいことを、理解されやすい言葉で、共感を呼ぶように、したたかに語っている。


こんなことを言うと「もっと無防備に、誤解されることを恐れずに、もっともっとオープンに語ればいいのに」と忠告してくる人がいたりする。

「オープンに語れないのは自分を信じてないからだ~」とかね、、、

だからオープンになれないんだけどね、、、って人のせいにする私、、、www


実はオープンになりたくないのかも。

秘めるものがある方が、人間として奥行きあっていいじゃない、、、www


[PR]