人気ブログランキング | 話題のタグを見る

<夢と原始脳とうつつ、内面と世界とひかりについての、つぶやき>

<夢と原始脳とうつつ、内面と世界とひかりについての、つぶやき>


 最近、夢をよく見る。

定期的に夢のヴァイオリズムがやってくる。

それが夢の記憶だと気づくのは、目覚めた直後だからだ。

だが日常の起きている時に、脈略なく、突然、何かのシーンを想起されることがある。

それが夢の記憶なのか、それとも何かの体験だったか、それともディジャブなのか、区別がつかない。

それがいつか見た夢なのか、何かの記憶なのか、判断がつかないのだ。

判断がつかないで方向感覚を失った状態って、なんとも居心地が悪い。

すごく気持ち悪い。

困ったことに、そのようなことが、割とよく起こる。

まあ、それを楽しんではいるけど、、、、




 私の内面にはとても未熟な部分がある。

それは「知性」「感性」に関わることより「原始脳」にあるものだ。

あえて言えば、セクシャリティー的や生命本能的なものだ。

演奏行為は第一チャクラに依拠している。

それを見るのは恐ろしいことだね。

倫理、道徳というものを、多分私は越えられない。

超えられないとか言いながら、ちょっと企んでいる。w w w



 世界中の人々はもうウンザリしている。

2500年以上続いてきた、負の歴史。

帝国主義と覇権闘争の歴史、血生臭い戦争の歴史に、心底ウンザリしている。

そして、ようやく、その偽りのシステム、強欲と陰謀のシステムが見透かされ始めている。

(見える人には見えると言い換えるかな)


 現在の国際情勢は、新しい多極的な調和のシステムに移行する実験場になっている。

今までのシステムが不可逆的に崩壊し始めている。

覇権主義者たちはパニックし、自暴自棄的な無謀な策略を弄している。

それらは自滅的だ。

自滅的だが一般人を巻き添いにしている。


 時代の寵児たちは冷静で粛々としてはいるが、嬉々としているようにも見える。

時代は彼らに味方していることを、彼らも受け止めているのだろう。

その流れは止まることはない。

かたやどんどんと追い詰められている負の時代のプレーヤーたちは滑稽だが、悲劇的でもある。

彼らは被害者たちから報復されるのだろうか?

どれだけの犠牲を払えば、時代を越えられるというのか?


 私たちには疑念がある。

人類の歴史は、暴力的な征服欲の歴史だ。

2500年も続いた負の歴史を、果たしてそう簡単に超えられるものなのか?

「歴史は繰り返す」そうしたり顔で語るものは多い。

とても悲観的な見方だ。

ミアシャイマーのネオ・リアリズム論、パワーバランス論は、有効なのかもしれないとも思う。




 普通の一般の人々が望むのは、ささやかな幸せだ。

戦争などに脅かされない、植民主義に搾取されない、平和な国。

安定した過不足のない生活。

子供たちと、楽しい明るい家庭。

非合理的でも、繋がりを大切にする経済システム。

隣人、隣国と楽しくコミュニケーションする関係。

十分可能だよね。




 さて、国際情勢の流れが安定的になると、私たちの心も安定的になってくる。

しかし世界に起きている不正と犠牲者の存在を知ることは、私たちの内面を蝕む。

それは仕方がないことだ。

「世界全体が幸福にならない限り、自分も幸福になれない」そう言ったのは宮沢賢治だけど、逆もまた然り。

自分自身の幸福を見つけることは、世界を幸福にすることでもあるね。



 高知のイベントで、私は「ひかり」について語った。

どんな人にも「ひかり」はある。

それぞれの「ひかり」だ。

そのひかりに向かっていけばいい。

でも多くの人は自身の「ひかり」に気づかない。

「ひかり」は微かなものだから、なかなか見つけにくいとは思う。

また、気づいても、それを体現する方法を知らない。

それでも自身の「ひかり」に気づいたものは幸せだ。

ひかりに向かうことは、それこそ冒険の旅になる。

Bon voyage

良い旅を、本当に心から祈ってるよ。



 最近、自分は図に乗っていると思う。

なんか、いろいろな謎解きが、おおよそ分かったつもりになっている。

観念的なこと、スピリチャルなこと、心理的なこと、社会心理的なこと、そして国際情勢、そしてアートなこと、、、

おいおい、図に乗るなよ。

慢心すると、こけるぞ、、、、

そう自戒するのだけど、人間って痛い目見ないと気づかないのかも、、、

こけた時が見ものだね。


 ある友人に「この歳になったら、これからは行だよ」と言われた。

「修行?」

「いや、修をとって、行だけ」

すごく納得した感じがした。

ただ、そこにいるだけ。

逃げない、たち去らない。

ただただ、そこに居て、生きていくこと、、、


ウォンウィンツァン

2024/02/08


by wtwong | 2024-02-08 15:01