2018年 05月 29日 ( 1 )

f0236202_00450614.jpg

昨日の夕方、古い友人が訪ねてきてくれた。

「ちょうどアメリカから帰国しているので、

ちょっと寄るね」と言うことだった。

久しぶりに会えて、本当に嬉しかった。

何しろ17歳頃の友人だから、、、


私の姉はある高校学校でマリーだった。

その時のピーターとポールがこの二人だった。

もちろんあの当時流行ったフォークグループ「PPM」の

コピーバンドのことだ。

私もそのバンドで遊ばせてもらったのは、

楽しい思い出として今でも残っている。


「ねえ、一緒に与論島に行ったの覚えてる?」

「そうだった~ よく思い出すよ~」

f0236202_00453984.jpg

私が18歳の頃、メンバーの一人が「与論島に行くから一緒に行かないか」と誘ってくれた。

あの頃、与論島は秘境だった。

フェリーに乗るために鹿児島まで電車で行ったと思うけど、どうやってたどり着いたのか全然覚えていない。

フェリーに乗り込んで、なんと台風が来て、私達は大揺れに揺れる船底船室で、ただただひたすら、吐き気をこらえながら、嵐を過ぎ去るのを待った。


一夜明けて与論島に到着すると、そこは別世界だった。

遠くまで続く純白の海岸と、透明な海、限りなく青い空、、、

そして民宿に宿泊し、そこで隣室の女性に秋波を送られたこと、、、

経験のない私はただタジログだけだったけど、、、(汗)

私は篠笛を持っていて、満月の夜、海岸で吹いていた。

ふと気がつくと、周りにゴソゴソ気配がする。

見渡すと、無数の蛇の鱗が、月明かりが鈍く反射している。

「ぎゃ~~」

私は焦ってそこから走り去った、、、

f0236202_00444382.jpg

思い出とはなんだろう?

この懐かしさと、友人に対する想いは、なんだろう?

あれから50年が経った。

年月とともに思い出は、淡いセピア色に輝く、、、

二度とは帰らないあのひと時を、私達は共有している。

それだけで、なにか特別ななにかを感じている。

人生の、最も大切な、なにかを、、、


[PR]
by wtwong | 2018-05-29 00:50 | essay