<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<命の育みを見つめて>

(医療従事者対象の、死と再生のワークを終えて)

f0236202_09145505.jpg

 昨日は、ある病院内で、医療従事者を対象に「デスワーク(命の育みを見つめて)」をさせていただきました。

ターミナルケアの現場で頑張っている看護師さん、先生、作業療法士さん、事務の方、16名ほどが参加されました。

普段から死に直面されている方々なので、ワークショップは、予想された以上に、内容の濃いものになりました。

患者さんたちに何時も向き合っている方たちの体験は、私達の想像を超えた、とっても切実なものです。

f0236202_09163212.jpg

 今回は始めに、昨年の父の看取りを、写真を見ていただきながら、その経緯と、その時その時、私たち家族がどう対応したか、シェアしました。

私たち家族が、そして看護師さん、介護士さん、先生たちと、どのように父の死のプロセスに寄り添っていったのか、、、

そしてその時時で、私たちが迷ったこと、助けられたこと、或いは父にして上げられなかったこと、上げたかったこと、そして父の看取りの瞬間、さまざまなエピソードを交えながら、シェアさせていただきました。

私たちの話と写真を食い入る様に見てくださり、そして彼等が率直に感じていることをお話してくださいました。

なんと深い有意義なシェアだったのだろう、と今もその時の感動、覚めやらずです。

そして、彼等もまた、私たちと同じように、死に直面している人たちにどう寄り添ったらいいのか、日々悩み、迷い、考え、苦しんでいることもわかったのです。

彼等の言葉の一つ一つに、深い愛情が伝わってきました。

f0236202_09164063.jpg

 ワークショップは、私たちが用意したプログラムに沿って、ひとつひとつ死について、実感していきます。

やり残した仕事ワーク、人生の総括ワーク、

もう一度人生を歩むことが出来るとしたら、

そして遺言ワーク、、、

仮定された条件のもと、それをノートに書き込んでいきます。

ふと気づくと、皆さんは目頭を抑えながら、或いはティッシュで拭いながら、一生懸命、テーマに沿って書いているのです。

書き込んだノートの内容を、お願いしてシェアしてもらいました。

ワークショップでは強制はないので、シェアしたいと思う人だけがお話されます。

お一人の想いは、けっしてその人だけのものではないので、お話を聞きながら、皆が共感しているようでした。

姉弟や親子の関係を、自分が旅立つ前に和解したいという方がいました。

また、自分が旅立ったあと、残される家族たちへの想いもとってもリアルなものでした。

とっても印象に残ったことの一つに、自分達の職業に誇りと自信をもっていて、自分の人生ではこの職業を全うしたい、もう一回人生を歩むとしても同じ職業を選ぶだろうということをお話されていました。

f0236202_09164931.jpg

 そして、最後は旅立つ人と、看取る人に別れて、擬似的な死の体験をしてもらいました。

あえて言えば、心理劇というか、サイコドラマ的な手法です。

その時、旅立つ人の最後の言葉、看取る人の投げかける言葉、仕草、、、

頭で考えるのではなく、その時、どのような情動が沸き起こるのか、擬似的な体験ではあるのですが、それでも偽りのないその時にしか発することが出来ない言葉や態度を経験します。

そして死の世界にさまよいながら、さまざまな体験をして、やがて再生するのです。

その一部始終をインストラクションをしながら、私自身も深い体験の中に漂います。

参加者の中には母親と娘さんがペアになり、娘さんが母親を看取る体験をされていました。

それらを見守りながら、私たちも深く、感情が揺さぶられていきます。


 そして最後のシェアリングの時にお話されたこともとっても腑に落ちることでした。

患者さんたちの死に向き合うことは多くても、自分自身の死に向き合う機会がある訳ではなかったのです。

患者さんにして上げていることが、実際に自分が死を体験している時、もっとやってほしいことに気がついた。

そして、患者さんの残された人生と、その家族たちに思い馳せていること、そんなお話もしていただきました。

f0236202_09152762.jpg

 約5時間のワークショップはあっという間に過ぎていき、最後のシェアリングは充分な時間とは言えませんでしたが、短い時間でも皆オープンに話をされていました。

普段同僚同士でも今回のように話し合うことがなかったこと、そして今回でお互いの信頼感が深くなったこと。

私たちは彼等のお話を聞きながら、その愛情の深さ、患者さんとその家族への深い思いやりと、日々の葛藤の中で、一つ一つ丁寧に向き合っていることに感動し、こみ上げてくるものを抑えるのがやっとでした。

本当に素敵な体験をさせていただきました。

そして私達が祈るように思うことは、そのような過酷な日々の魂の業務をこなす中で、燃え尽きないでほしい、自分のことを大切にしてほしい、ということでした。

それはご自身のためだけでなく、家族のために、そして私達の旅立ちのために、、、

f0236202_09260895.jpg

今回のワークショップのためにケーキやコーヒーなど準備してくださった有志の方たちにありがとう。

そして、このワークショップを企画してくださった工藤綾子さんに心から感謝です。

ほんとう、みなさん、ありがとうございました。


最後は、美枝子さんのボディーワークで体をほぐし、現実に戻って、解散になりました。

f0236202_18101420.jpg


ウォンウィンツァン ウォン美枝子

2018-04-29

f0236202_09152005.jpg


[PR]
by wtwong | 2018-04-29 09:28

<人生の選択、、、>

f0236202_08574435.jpg



一週間ほど前、私は激しい不安に襲われた。

ジッとしていると、恐れが吹き上がって、居たたまれなくなるのだ。

まるで怯えた子供のようになって、奥さんのベッドに潜り込んだ。www

今なら照れながらも笑って開示できるけど、その時は、本当に怖かったのだ。


何が怖かったのだろう?

自分の選択は、もしかして自分たちを不幸にするのではないか、、、

何か大きなものを失うことになるのではないか、、、

未来に対する恐れや怯えなのだろう。


不安や怖れは、何らかのサインなのかもしれない。

違和感や不安を無視して、強がって、

あたかも勇気があるかのような振る舞うのは、

自分があるべき姿、あるべき選択を放棄することかもしれない。

選択に不具合があるかもしれないのだ。

仏教で言う「自灯明、法灯明」を教える内なる声は、

時に不安や怖れである場合がある。


私たちは大きな宇宙的な流れに乗って生きている。

それは例えば、父や母の子であり、この時代に生き、

子供を授かり、家族とともにこの国のこの場所に生きていること、、、、

そして父や母や妹が旅立ったこと、、、

いつか私たちも旅立つこと、、、

そのような運命的なことだ。


そんな大きな流れに乗りながらも、同時に、

その都度その都度、選択を迫られている事でもある。

それは例えば、音楽を選択し、美枝子さんと一緒になったことや、

さとわミュージックを立ち上げたこと、

大きなピアノを購入こともそうだ。

それらは、個人的な選択である。

しかしながら、振り返って見るならば、やはりそれらも、

何らかの采配によって、選択させられたのだろうと感じてしまうのだ。



f0236202_08575400.jpg

1450万円のピアノを購入する時も、

私は大きな不安に襲われていた。

そのピアノは自分が求めているピアノなのかどうか?

その頃ピアノのことなど、なにも解っていなかった。

そのピアノを自分が弾きこなせるのか?

演奏技術など無かったのだ。

そのピアノが録音に使えるのか?

録音技術もなかったのだ。

自分の音楽に自信があるわけではなかった。

追い求めている音楽の高みを、いつも実現できているわけではなかった。

分不相応な高価なピアノを買ってしまったのではないか、、、、

著名なクラシックピアニストなら、

大きなフルコンサートピアノを自宅に持っても当然だろうけど、

私のような技術のないピアニストには釣り合わないのではないのか、、、


でも録音に耐えうるピアノを購入する以外に、私には選択肢がなかった。

演奏技術のない私が、スタジオという特殊な場所で、

限られた時間内で、良いレコーディングが出来ると思えなかったのだ。

自分の音楽を活かしめるためには、その選択しか無かった。

ピアノを購入しないということは、己の可能性を捨てることになる。

どんなに不安で恐れがあっても、それは必然的な選択だったのだ。

それを判りながらも、

それでも怯んでいる私を後押ししてくれたのが寺山心一翁さんや、

「アルケミスト」を送ってくれた山川夫妻だった。

そして何よりも親父と美枝子さんのサポートによって、

ピアノを購入することが出来た。


選択の基準とはなにか、

今までの自分を振り返って、

言えることは「己を活かしめる」ということだと思う。

自分自身が輝く方向はどちらか、ということのように思う。


私が不安に襲われたのは、

それを放棄しようとしていたからに他ならない。

私は守りに入っていた。

失うことを恐れていた。

その選択によって、不幸になるかもしれないという恐れだ。

消極性こそが不安の元凶だったのだ。

f0236202_08501733.jpg

自分自身を輝かせるための積極性、

それこそが不安症からの脱却の処方箋なのだろう。

その選択によって、何かを失うこともあるかもしれない。

だが、それも一つの答えなのだろう。

また一つの選択は、他の選択の放棄でもあるのだから、

他の生き方を失うことでもあるのだ。

どのみち一つの選択とは、他の選択を失うことなのだ。

ならば己が輝く方向へ、選択すべきなのだろう。


不安や怖れに向き合い、それらの原因を見定め、

目をそらさずに居れば、自ずと路は見えてくる。

他の選択肢が、本当に己が、或いは宇宙が望んでいることなのか、

しっかり見極めること。

それが自灯明・法灯明ということだ。

たとえ恐れがあっても、積極性を失わなければ、克服できることなのだ。


そして、いつか自分の人生を振り返って、

その時その時の選択は、

そのようにしか有り得ない選択だったと気づくのだろうか。

SF映画「メッセージ」は、未来を予知してしまった主人公が、

それでも定められた、その運命を生き抜くということがテーマだった。

私たちは基本的に未来を予知することは出来ない。

(占星術や予言は、大雑把過ぎるし、

無自覚にそれに従うことは、

選択の自己責任を放棄することにほかならない)

それでも、未来の自分から過去である現在を振り返って、

その選択が悔いのないものなのか、どうか、

私達はもうすでに知っていることなのだと思う。


[PR]