<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

f0236202_22005304.jpg


人生の価値は、

その人がどれだけ自分の本質に向き合えたか、

で決まると思う。


卵子と精子が出会って、

一つの核が出現したその瞬間から、

全ての細胞がその役割を終える最後の最後まで、

核に刻印された、

暗号のように隠されている無限の可能性を、

一生かけて解き明かし、

その本質を開花させていく、

それがその人の人生の価値なんだ。


その人の本質が宿る核には、

開花したい、

花開きたいと、

強い強い希求心でいっぱいだ。

学習欲もその人の本質としてあるんだ。


しかし、様々な環境の不都合が、

それを妨げるだろうと思う。

そして、いつしか本質に向き合うことを断念してしまう。

あるいは向き合うことを恐れる。

実は不安や恐れも、その人の本質の一部でもある。

恐れは巧妙に私たちを拘束する。

不安で雁字搦めになっいるかもしれない。

きっと自信も無いことだろう。

人と比べる事も始まる。

私なんか、と思う。


でも、あなたの本質はあなたしか持っていないんだよ。

この世に誰一人として同じ人はいない。

たとえ双子でさえも、、、

この社会にとって自分という存在が、

価値があるかどうか、気にすることはない。

あなたにとっての価値を見つけること。


自分の本質が息づいているかどうか、

それがあなたの価値なんだ。

たとえ社会的に無価値だと思っても、

自分の本質が息づいている時、

本当の幸福の中にいることができる。


その人がその人の本質を生きるようになると、

実は周りの人にプレゼントを与えられるようになる。

自然に繋がりが出来て、助け合える友人たちが増えていく。

みんなと分かち合いながら、生きていけるようになる。


「私は、自分の本質に向き合い、

学習し、解き明かしながら、

成長することを、自分に約束する」

そう宣言した時、あなたの本当の人生が始まる。


f0236202_22005480.jpg

<追記>

以前だったらこんなにハッキリした物言いはできなかった。

その一つの理由は、

どんな人にも本質を求めているという確信がなかったから、、、

でも、今は揺るぎない確信がある。

たとえ重度障害を持った人でも、

その命は唯一の掛け替えのない命なんだということ、、、


もう一つの理由は

自分は、今、とっても幸福だけど、

そこから他の人に物言いをすることは、

傲慢なんじゃないのか、、、、

エリート主義じゃないのか、、、、

そういうブレーキがかかっていた。

でも、それは逆の意味の優越意識だと気がついた。

自分の気づきをみんなとシェアしたい、

その純粋なモチベーションを大切にすべきなんだよ。


by wtwong | 2019-01-10 22:02

f0236202_11185052.jpg

皆さま、明けまして、おめでとう御座います。

昨年は、本当に多くの方から応援を頂きました。

心からお礼申し上げます。

お陰様で、たくさんのコンサートと、たくさんの出会いがあり、

とても充実した年になりました。

本当にありがとうございました。


私や家族にとって、昨年は、今までにない大きな変化と変革の年でした。

1月には息子が結婚式を挙げ、そして10月には新しい命が誕生し、つまり美枝子はおばあちゃん、私はおじいちゃんに、、、。

また、2月ごろから新しいライフスタイルを家族たちと模索しはじめ、家を建て直すことを決定したのは5月ごろ、これも急激な展開でした。

積もりに積もった家の中にある有象無象の断捨離、55年間住んでいた思い出深い古い家を取り壊し、新しい家の着工、そして仮住まいへの引っ越し、そこにすみ慣れたのもつかの間、今年2月には新しい家にまた引っ越しなおさねばなりません。

それらに付随して行わねばならない様々な実務仕事を、世間知らずの音楽家のおぼつかない足取りですから、行ったり来たりで、それはそれでなかなか大変な作業でした。

勿論まだ終了したわけでなく、まあ、文明と制度のこの社会に生きている限り、やり続けねばならないのでしょうけど、「ああ~もう」(亡き父の常套句)と愚痴ばかりが溢れ出る始末です。

そんなわけで、今年のお正月は、どこか落ち着かない、仮住まいのお正月となってしまいました。


そんな急激なライフスタイルの変化の中、音楽家としての気づきというか、覚悟のようなものも、出てきました。

19歳からプロのミュージシャンとして活動を開始、あらから50年も経った今も、相変わらず音楽をやり続けられていることに、深い感慨とともに、家族や応援してくれた人々への感謝、そして自分自身への労いの念が自然に湧いてきます。

音楽を求め続けることは、やはりそれなりに大変なことで、思い返すとよく辞めなかったと、自分を誉めたり、慰めたりするような気分になっています。


私は今年の誕生日で70歳を迎えます。

今の私にとって演奏したり作曲したりすることは、かつて10代前半にベンチャーズやビートルズをコピーしていた時のようにとっても楽しく感じています。

音楽をやることの純粋な喜びを、この年齢になって、ようやく取り戻せたような気がします。

音楽は、なんと楽しく、素晴らしいことでしょう。


私は昨年の7月、「演奏させてください」という一文をしたため、ブログやフェイスブックにアップしました。


<演奏させてください> ウォンウィンツァン



この文章を読んでくださった、全国の思いを寄せてくださった方たちから、コンサートや、ジョイントライブや、イベントなど、たくさんお声をかけてくださり、昨年9月ごろから年末にかけて、今までになくたくさん演奏の機会をいただくことができました。

本当に、感謝です。

そして友人たちからは私の健康を気遣ってくださるお声も頂いたのですが、なぜか私は今までになく元気なのです。

音楽と、人々との出会いこそが、元気の源ですね。


さて、今年70歳を迎えます。

私が元気に音楽活動を続けられるのは、多分80歳ぐらいまででしょう。

勿論、もっと演奏出来るかもしれません。

「死ぬまで演奏」というのも美学としてはあるでしょう。

でも、私の覚悟の拠り所として「あと10年、頑張る」というのが、1つのみきりのつけかたになっています。


80歳になったら、もしかしたら全く新しい人生を歩み始めるかもしれない。

どこかに出家願望のようなものもあります。

あらゆるシガラミを捨て、インドのライフスタイルで言うところの「遊行期」に憧れているところもあります。

どこかフラフラと、世界を放浪したい、そしてそのまま野垂死にしたい、そんな河原乞食をまっとうする人生、それも良いかなと、、、

まあ、夢ですけどね、、、


さて、あと10年、80歳まで、音楽を通して、この社会に還元したい、恩返ししたい、捧げたいと考えています。

私がこの社会に生かされているのは、私を生んでくれた両親、そして家族たち、たくさんの出会い、この社会の、そして宇宙的采配のおかげです。

私が音楽の喜び、生きていることの喜びを感じ取ることができるようになったのも、これまでの人生の様々な苦しみや悲しみ、悔や絶望、そして喜びや楽しみ、それらの経験の総体、そして私に与えられた本質、本性のおかげです。

その70歳までの人生の全部を受け止めて、残りの10年間、捧げものとしての音楽に身を投じてみたい。

そんな強い想いで、胸がいっぱいになっている、仮住まいのお正月です。


また、これからの10年間を通して、サトワミュージックを次世代に引き継いでもらうことも考えています。

そんなこともあり、昨年から息子の美音志くんとのジョイントも増えています。

是非、彼のことも、応援してください。


いつか皆さんのお会いする機会もあると思います。

皆様におかれましても、自分の本質を生きる幸せな人生を歩んで欲しいと、祈っています。

今年も、そしてこれから10年間、どうぞよろしくお願いします。


ウォンウィンツァン

2019年1月1日