人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<命の自己決定権>


6月2日にNHKスペシャルの放映されたドキュメンタリー「彼女は安楽死を選んだ」は大きな衝撃でした。

人が旅立つその瞬間をテレビで放映されたことって、日本ではほとんどないと思います。

私も魂を揺さぶられました。

今、私が感じていることをお話ししておきたいと思います。


昔、まだ医療が進んでいなかった時代は命の指導権は魂、あるいは肉体、あるいは神にありました。

人の死は、事故や戦争以外は、病気も含め自然なことだった、あるいは自然に近い現象でした。

運命に、あるいは神に委ねるしかなかったわけです。

逆に言えば、死について、それほど考える必要もなかったのです。

死について、誰も考えたくもなかった、と言うことでもあるでしょう。


近年、医療が進み、胃瘻や人工呼吸などで、延命させることがいくらでもできるようになり、命の指導権が医療システムや家族の思惑に左右されてしまう時代にいると思うんです。

つまり、自分の意思に関係なく、救急車で運ばれれば、自動的に延命処置をされてしまうのです。

意思表示ができない場合、あとは家族に任せるしかない。

家族にとっては苦渋の選択を迫られるわけです。


今、私たちに突きつけられているのは、安楽死も、尊厳死も、そして延命も、その指導権を医療システムや、家族の思惑から、自分自身に取り戻すことがテーマだと思うんです。

自然や神に任せたつもりが、いつの間にか医療システムのコンベアーに乗っている。

そんなはずじゃなかったのに、いつのまにか、スパゲティー状態にされて、生かされている。

わたしの義理の父は、病院で、呼吸器など、様々な器具を自分から取り除こうとして暴れるので、手足をベルトで繋がれていまいました。

人の命は神や自然の采配の元のはもうないのです。

そのままほっておけば、医療システムに、自分の命を任せてしまうことになるのです。

私たちが今直面しているのは、自分の意思の元に命の決定権を取り戻すか、それとも医療システムに任せるのか、と言うことだと思うのです。

つまり生きるも死ぬも、自分の意思、自我の問題になっていると、そう思うんです。

だとすると、その自己決定権を持っている「自我」ってなんだ?という話になります。

しっかりした死生観を持つ前に、ほとんどの人が自分自身に向き合っていません。

そのような人生を歩んできた人が、死に向き合った時、いきなり死に向き合えるはずもなく、結局はその人の生き方は、死に方になっていくと、私は思うのですが、、、

自分でしっかりとした死生観を持つためには、それなりに勉強する必要があります。

「死の勉強」です。

私たちが「デス・ワーク」を始めた理由はそこにありました。


三十五年ほど前、母がすい臓がんで亡くなりました。

その最後の日の前日、医者が私に聞きました「もう、そろそろいいですよね?」

母が延命処置によって生きながらえていることを知らなかった私は驚きました。

そして、苦しみ続けている母を見てきたので、ただただ頷くしかありませんでした。

多分父親にその判断力がないと感じた医者は私に確認したのでしょう。

何も知らない父は、母が息を引き取るその時まで「死ぬんじゃない。頑張れ!!」と叫び続けていたそうです。

私は母が息を引き取る瞬間には立ち会えませんでした。

寝ずに看病していたのですが、、、

私はその時の引き裂かれた心情を、多分永遠に忘れないでしょうね、、、

母親とは言え、人の命の決定権を持たされたくはないですよね、、、

だから、私は自分で決定したいと思うのです。


「彼女は安楽死を選んだ」に対する世論は様々です。

わたしは、それが善であるか悪であるかと言うことよりも、その女性が自分の命の決定権を行使したことに、強い感銘を受けたのです。

同じように、そのドキュメンタリーでは、延命を選択した同じ病気の人も丹念に取材しています。

どちらの命も、自分の意思で選択したこと、そのことがこの映像が最も伝えたかったことではないでしょうか。


今回の文章は、以前、ファイスブックにあげた「彼女は安楽死を選んだ」について書かれたものを、加筆、修正したものです。


ウォンウィンツァン

2019/06/09


by wtwong | 2019-06-09 01:40 | essay

<世界の中心で、苦しみを叫ぶ>


生まれたばかりの赤ちゃんは、世界の中心にいます。

自分自身の存在と、世界とは分け隔てなく、一つなのです。

赤ちゃんこそがOnenessを実現している存在なのです。

お母さんも、お父さんも、自分自身なのです。

もし赤ちゃんが不安げな表情を表していたなら、

外界に晒されて、自分がもしかして中心では無いのかもしれないと、

薄々気づき始めているのかもしれません。


そして8~10ヶ月前後から、ついに自分が中心では無いことに気づきます。

母親が自分ではなく、自分の外にいる存在であることに気づきます。

吉福さんは、赤ちゃんにとって、出産と同じぐらい、きつい、激しい体験なのだと言います。

自分が中心ではない。

母親は自分では無い。

それは青天の霹靂と言っていいぐらいの災難なのだ、と吉福さんは言います。

自分の外側に広がる未知の世界は、どんなに不安に満ちていることでしょう。

その時から「自我」の成長が始まると言われています。

自我とは「内と外」の間に境界線を形成することに他なりません。

様々な次元の「内と外」に気づき、自分自身を守るために自我が成長を始めます。


さて、もし健全な自我の成長というものがあるならば、問題はないのですが、

普通、まずそんなことはありません。

もちろん信頼関係がしっかりした愛情深い家庭でなら、ある程度しっかりした自我を成長させることはできるでしょうが、それでも学校などのいびつな社会に晒されている場合もあるのです。

ですから、どんな人も危うい、脆い、いびつな自我を抱えて、戦々恐々としながら、この社会を生きていると言えるでしょう。



ここで話題にしたいのは、その危うい脆い自我は、どんな人も時に崩壊することがあるという話です。

様々な理由でそれは起こります。

何かに追い詰められたり、事業が破綻したり、出産の苦しみだったり、何日も寝ていなかったり、失恋したり、突然の死別だったり、そのようなショック体験の中で、自我の危機体験をすることがあるのです。

精神医学的にはそれを統合失調症とか急性妄想障害と言ったりします。

トランスパーソナル心理学では、それを「スピリチャル・エマージェンシー」(魂の危機)と呼んでいます。

まあ、魂のパンドラの箱を開けてしまったような状態です。


様々なアクティングアウト(行動表出)が現れますが、その一つに赤ちゃん回帰があります。

つまり世界の中心に戻ってしまうという体験です。

内と外の境界線がなくなってしまうような体験です。

そうなると、大人の知識や考え方と、赤ちゃんの中心回帰が重なって、全てのシグナルは自分に向けられていると感じたりします。

例えばテレビで話されていること、新聞で書かれていることが、自分のことを言っていると感じたりします。

ステージ上で歌っている意中の歌手が、自分に向けて愛を告白していると感じるかもしれません。

あるいはジョンレノンが自分に向けて「世界のことはお前に頼む、、、」と言うかも知れません。

(私は夢の中でジョンに言われました、www)

イメージの中の存在と実在の存在が同じ次元にいるような状態です。

あるスピリチャルエマージェンシー状態の方が「世界の苦しみを私一人に背負わせないでくれ~」と叫んでいました。

自分は世界を救うキリストのような存在であり、しかし十字架を背負うにはあまりに苦しすぎる。

それはまさしく世界の中心で世界の苦しみを一身に受けている状態なのです。


スピリチャルエマージェンシー状態の人は、脳内麻薬も炸裂して、最高の恍惚状態を体験するとともに、境界線が崩壊し、最悪の不安状態を、すごいスピードで交互に体験するような状態です。

以上のような急性状態の人もいれば、それほど激しくなく、でも自我の境界線が不明瞭のまま日々を過ごしている人もいます。

夢と現実の境がわからなくなったり、イメージと実在を混同したりします。


彼らが着地して、ある程度、自分を守れるような自我を再建できるようになるには、一番大切な条件は、信頼できる人間関係の中で、健全な関係性を結べるかどうかにかかっています。

もともとある程度自我を確立している人なら、向精神薬などで精神活動を抑えられていなければ、数ヶ月で戻ることができますが、生育的な問題などから、そもそもの自我が脆弱な人は時間がかかるかも知れません。

最近オープンダイアローグという対話による治療をフィンランドで開発されています。

基本は、やはり健全な、信頼できる、人間関係と環境ということになるのかも知れません。

しかし、これがなかなか実現するのが難しいのが現状です。

もしあなたの近くで、そんな魂の危機を体験をしている人がいたら、赤ちゃんをあやすように、暖かく見舞ってあげてください。


あなたにも、魂の奥底に、世界の中心で生きている赤ちゃんがいます。

自我を取り除けば、いつだって世界の中心に行くことができます。

そこは恍惚と不安の只中かも知れませんが、宇宙的な中心に立つ素晴らしい体験かも知れません。

健全な自我を保ちながら、世界の中心(Oneness)を体現した人を、悟りの人というかも知れません。

アニミズムでは、そのような体験者をシャーマンとして、皆を導いたり癒したりする存在として扱われたりします。


参考文献

「魂の危機を超えて」スタニスラフ・グロフ

「スピリチャル・エマージェンシー・ネットワーク」吉福伸逸

「引き裂かれた自己」RDレイン


by wtwong | 2019-06-04 23:32 | essay