人気ブログランキング |

<   2020年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<不安や恐れの象徴としてのコロナ>


コロナウイルスの脅威は、今日本に迫っています。

でも、ほとんどの人はニュースやSNSでしか知りません。

その実態を体験している人は、日本の人口を分母にすると、ほんの僅かなのです。

なのでコロナウイルスの脅威を過剰に恐れたり、あるいは過小にあなどったりしています。

そして今やウイルスの恐れよりも、経済が破綻することの恐れの方に、その視点は移り始めています。

1ヶ月後、2ヶ月後、日本の経済システムがどうなっているか?

もしかしたら私たちは働く場所を失っているのか?

果たして私たちは生きていけるのか?

私たちの不安や恐れは、この社会システムへの不安と恐れに移行しています。


そのように思う時、コロナ騒動の本質が、何か見えてくるような気がします。

それは、コロナへの不安や恐れは、なんらかの象徴なのではないか?ということです。

言うならば、今まで無自覚に隠されていた不安や恐れが、コロナと言う象徴的非存在に投影することができるようになったのではないか。

つまり今まで目に見えなかった不安や恐れを「コロナ」という記号に置き換えることで、不安や恐れを感じることを自分の許せるようになったのではないかということです。

そしてその不安や恐れの本質は、実はこの社会システムへの本質的な不信感なのではないのか?


私たち人間は弱い存在です。

恐れや不安を感じない人はいません。

あたかも強そうに振る舞っているだけです。

「メンタルが強い人」と言うのは幻想です。

そんな人間はいないのです。

本質的な弱さを、なんらかのゴマカシで、いかにもメンタルが強そうに装っているだけにすぎません。


私たちはようやく恐れや不安の対象がなんであるか、今回のコロナ騒動で可視化され始めています。

それは、私たちが生きている、生かされている社会のシステムが、信頼し安心するにあたわないと言うこと、、、

もうコリゴリだとは思いませんか?


コロナは恐るに足りません。

クルーズ船に乗り込んだ感染症の専門家は恐れていませんでした。

それは感染されない方法を熟知し、それをしっかり実践していたからです。

私たちは家にいれば良いだけです。

こんな簡単な対策はありません。


しかし恐れなければいけないのは、コロナ騒動の後、一体私たちを擁護してくれる社会のセーフティーシステムはあるのかどうか?

私たちに仕事があるのかどうか?


この数年、AIが進歩すると職業が奪われると言うまことしやかな情報がたくさん流れました。

でも、今回のコロナ騒動で、一気に産業が崩壊する可能性すらあるのです。

そんな脆弱な社会システムの上に私たちの生活が支えられていたことに、私たちは今回のコロナ騒動で気付かねばなりません。


恐れや不安を感じず、日々の喜びを謳歌できる社会システムが、本当は求められているのです。

今までは何かにごまかされてきたのです。

今回のコロナ騒動はそのことを気づかされました。

お金のシステム、金融や資本のシステム、、、

そこから脱皮して、不安や恐れを感じないですむ、信頼に足る社会を想像する。

もう始めようじゃないですか、、、


ウォンウィンツァン

2020-04-08




by wtwong | 2020-04-08 15:28 | essay

<緊急事態宣言を受けて>


1918年に発生したスペイン風邪の時も、結局手立ては隔離しかなかった。

つまり、100年たった今も、ウイルス対策は本質的に変わらない。

感染しない、感染させないためには、実にわかりやすい方法、

ひたすら家から出ないこと


StayHome


それしかないのだ、、、、

それが最も効果がある方法だ。


スペイン風邪の流行は数年に及んだ。

そして大きく三度のピークがあった。

賢者達が言うように「歴史は繰り返す」のであれば、

私たちはコロナウイルスの脅威を三度味わうことになる。


しかし、もし「歴史に学ぶ」のであれば、

同じテツを踏まないで済むかもしれない。

と、それは楽観的すぎる。

どんなに知識が増え、医学や疫学が高度になっても、

人間そのものは愚かなままだ。

なので「歴史は繰り返す」ことになるのだろう。


緊急事態宣言が今夕、発令するという。

この3月3日から、断続的に続けてきたyoutube liveによるライブ配信を、

今は、毎日やろうと、決心しつつある。

世界の混乱の中で、

私自身を見失わないために、、、

そして聴いてくださる友人たちと

繋がっていることを確かめるために、、、


そしてコロナショックの悪夢から覚めた時、

新しい世界観、生命感を人類が獲得するために、

祈りとして、私たち音楽の徒は、音楽を紡いで行く、、、


ウォンウィンツァン

2020-04-07


by wtwong | 2020-04-07 12:39 | essay



いつも私のライブ配信演奏を視聴いただいている皆さん、ありがとうございます。


★この度、youtubeで新たなチャンネルを発足しました。


これまで行ってきたライブ演奏は、これからこの新しいチャンネルで配信していきます。


このチャンネルは、私のライブ配信や動画コンテンツだけでなく、

まだ自分のチャンネルから収益を挙げられないミュージシャンたちの活動の場にしたい。

なんとかミュージシャンが生きていく上で、少しでも応援できる場にしたい。

そんな想いで発足しました。


と言っても、このチャンネルは、サトワミュージック・ホームページの管理人である羽室ゆきさんのBlueMOONのチャンネルでした。

この度二人で協議し、新たな活動拠点にしようと、この苦難の時代を乗り越えるための場作りをしようと、、、

そのために、まずネーミングを変えました。

私も積極的に関わりたいと考え、私の名前を使いました。


このチャンネルは収益化が出来ます。

(私のチャンネルは条件は満たしているのですが、なぜか承認されません)

といっても現段階では、チャンネル登録者数1500人程度で、年間の広告収入が1万円程度で、とてもお話になりません。

なのでぜひ皆さんのご協力お願いしたいのです。


なんとかチャンネル登録者数をアップしたい。

チャンネル登録者数が1万人を超えると実質的な収益化の段階に入れると言われています。

ぜひ皆さん、登録ボタンを押してくださいね。


そしてベルマークをクリックして、配信の連絡を受けてほしいのです。

ページの右上にあるベルマークをクリックすると配信するたびにお知らせや告知が行くことになります。


また「投げ銭」が出来るので、それもミュージシャンの収益に結びつけていきたい。

投げ銭とは、ご覧になった方が、いくらかのお金を払うに値する内容だと思われた方が、その想いに準じた金額をお支払いできるシステムです。


また今後は限定公開による有料ライブ配信の可能性も考えたい。


もちろんオーディエンスのみなさんに聴くに値する、見るに値するコンテンツを、しっかりプロデュースしていきたい。

ライブ配信ならではのチャンネルに育てていきたい。


ですので、皆さんのご協力が必要です。


チャンネル登録をまずしてください。

そして、ライブ配信をご視聴のときには、「投げ銭」でのカンパも是非お願いします。


なにとぞよろしくお願いします。


チャンネルのurl

https://www.youtube.com/channel/UCVhWlMwS46hFTOEpqrc2a8A


ウォン・ウィンツァン

2020-04-02


by wtwong | 2020-04-02 15:39 | essay