<ファイティング・ポーズ>

f0236202_15011197.jpg

自分はファイティング・ポーズをとっていないと、ダメになるタイプだと思う。

守りに入ると、抑うつや不安、怒りも出て来るんだよね。


私が戦い系になったのは、18か19歳ごろ、何か開き直るキッカケがあったのかもしれない。

中学三年に校内暴力を受けて、その後、3年間の抑圧的で屈折した高校時代を経て、その間、社会ではベトナム戦争、安保闘争など、対立的で戦闘的な雰囲気が醸し出されていた。

テレビから流れるデモ隊と機動隊がぶつかる様を見ながら、冷たく戦慄していた自分を思い出す。

映画「アルジェの戦い」を見たことも、大きな意味を持っていたかもしれない。

世界は、社会は、戦いなんだ、どこかでそう確信し、自己規定したに違いない。


音楽も、人間関係も、ある種緊張した関係性の中で、戦いを挑み続けていたと思う。

瞑想に出会っても、それは癒しではあったと同時に、エンライトメントに挑戦することでもあったし、癒し系の音楽をやっていても、自分に甘える音楽はしたくなかった。

どんなに音楽が優しく聴こえようとも、ある表現の頂きに挑戦するという戦いだった。

吉福伸逸氏に出会って、ワークショップに参加するようになるけど、そこでも私は戦っていたように思う。

父親が仕事を辞め、家にいるようになると、私は彼との関係性の修復という戦いに挑戦したのだと思う。


父が死んで、私はこの歳になって、ようやく親から自立せねばならない所に来た。

今まで自分は自立していると思っていた。

でも、父が他界してから一年以上が過ぎ、私は今まで父親の庇護の元にいたのだということを、思い知らされている。

この歳にもかかわらず、自立のなんたるかを知らなかったのだ。

私は棺にこう書いた。

「パパさん、ありがとう。やっとパパから自立できるね」

私はその時、まだその意味をよく理解していなかったと思う。

もちろん今でもわかっていない。


もう守ってくれる人はいない。

今度は私がパパさんの位置にいるのだ。

そのことで、パパさんのことをいろいろ思い出しながら、ようやく父親のことが理解できるような気がする。

パパさんも戦いの人だった。

そして、最後は私たち家族に心を許し、身を委ね、ファイティン・ポーズを下ろし、天国に旅立った。


さて、私は今、新たな戦いに入ったと思う。

多分、向こう10年が、私の音楽家としての活動ができる限界だと、自己規定しよう。

今、70歳を前にして、自分の音楽にある手応えを持っている。

自分の音楽に確信がある。

歳を重ねて来て、得られたリソースでいっぱいだ。

それらを解放したい。

戦い方も上手くなった。

無駄な戦いはしない。

何よりもその戦いは、感謝と恩返しの戦いだから、、、

私を受け入れてくれた友人たち、そして聞いてくださった人たちへのお返しの最後の活動だから、、、


しかしそれもあと10年だと思う。

精神的にも、肉体的にも、あらゆる意味で、それが私の限界だ。

80歳まで、戦おうと思う、死に物狂いで、、、

途中で生き絶えるかもしれない。

疲弊して、倒れるかもしれない。

その時はその時、、、、


そして、もし、なんとか80歳にたどり着いたなら、

私は自分を許し、手放したい、、、

私は、私自身と世界を手放したい、、、

そして、私と家族と、全てに感謝して、旅立ちたい、、、


ウォンウィンツァン

2018年6月19日


[PR]
# by wtwong | 2018-06-22 15:01 | essay